1. TOP
  2. 生き物・動物
  3. クリオネの新種が富山湾で発見される 富山大学

クリオネの新種が富山湾で発見される 富山大学

2017年10月12日、富山大学は、クリオネの新種が富山湾で見つかったと発表した。

クリオネとは

クリオネは、巻き貝の仲間で、「流氷の天使」や「氷の妖精」などと呼ばれる。

和名は「ハダカカメガイ」。

主に北極や南極周辺の水温が低い海に生息している。

クリオネの新種

これまでに、世界で4種のクリオネが見つかっている。

2016年にもクリオネの新種がオホーツク海で約100年ぶりに見つかっていた。

今回見つかった新種は、日本海固有種である可能性があるという。

張勁教授らが発見

今回クリオネの新種を発見したのは、富山大学大学院の張勁教授ら。

国内の研究者が新種であることを確認したようだ。



カンタはこう思う

クリオネは比較的水温が低い場所に生息しており、去年発見された新種もオホーツク海で発見されている。富山湾で見つかるのは珍しいと思う。

クリオネの灯り

参考資料:
・『クリオネの新種、富山湾で発見』、ロイター、2017年10月12日、https://jp.reuters.com/article/idJP2017101201000876?il=0

カテゴリ: 生き物・動物

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!