1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 宮城ニュース
  5. 名取市ローカルニュース
  6. ゴムボートに乗って流された高校生 心肺停止状態で発見 死亡確認 宮城県名取市

ゴムボートに乗って流された高校生 心肺停止状態で発見 死亡確認 宮城県名取市

2017年6月11日正午過ぎに宮城県名取市下増田屋敷の北釜海岸でゴムボートに乗って沖に流されて行方不明になっていた高校生が、12日午前8時40分頃に沖合約600メートルの海中で見つかったという。

行方不明になっていたのは、16歳の坂井瑠依さん。発見時には心拍停止状態だったという。

坂井さんは、友人3人で海岸を訪れ、そのうちの1人である15歳の少年と共に2人でゴムボートに乗り込んだ。その後、残っていたもう1人が沖に見えたボートが無人だったため、110番通報したという。

15歳の少年は自力で岸にたどり着いたようだ。

ボートに乗っていた2人は、オールを漕いで岸に向かったものの戻れなかった。そこで、2人はボートの縁をつかんで泳いで戻ろうとしたが、波の衝撃でボートから手が離れてしまったという。

追加情報:

残念ながら、坂井さんの死亡が確認された。

カンタはこう思う

坂井さんは心肺停止の状態で発見されたようだ。ただ、河北新報は遺体で発見と報道している。

陸に残った友人がいたようなので、2人はボートから降りずに救助を待っていれば、もしかしたら助かっていたかもしれない。

ただ、2人とも泳いでいる最中にボートから手が離れてしまうとは想像しなかったのだろう。ボートにヒモのようなものはついていなかったのだろうか。せめて、救命胴衣などを着ていれば、とは思うが、普通の水遊びでなかなか用意しないだろう。

やはり海は怖い。ゴムボートに乗っていたとしても、沖まで出ない方がいいだろう。潮の流れでどれだけ流されるか分からない。

参考資料:
・『ゴムボートに乗って沖に流された宮城の高校生、心肺停止で見つかる』、産経ニュース、2017年6月12日、http://www.sankei.com/affairs/news/170612/afr1706120005-n1.html
・『行方不明の男子高校生を遺体で発見 名取北釜海岸』、河北新報、2017年6月12日、http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170612_13038.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!