1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 土砂崩れ
  4. 県道沿い斜面から巨大な岩が落下 女性2人けが 岩手県奥州市 「えさし藤原の郷」の近く

県道沿い斜面から巨大な岩が落下 女性2人けが 岩手県奥州市 「えさし藤原の郷」の近く

2017年11月15日、岩手県奥州市で、県道の道路沿いの崖が崩れ、県道に大きな岩が落下した。

この岩に車2台が接触し、運転していた女性2人が軽傷を負ったようだ。

がけ崩れの詳細

15日午前8時頃、奥州市江刺区岩谷堂の県道を車で走っていた男性から、崖が崩れて道路が塞がれている、との通報があった。

警察などが確認したところ、県道沿いの斜面から、巨大な岩が落下して、道路をふさいでいたという。

当時、現場を走行していた車2台がこの岩に接触し、それぞれの車を運転していた女性2人が胸や腰を打つ軽いけがを負ったようだ。

巨大な岩

岩は、高さ7メートル、幅12メートルの大きなもので、のり面を覆うコンクリートごと崩れ落ちていたようだ。

12時現在、この岩を取り除く作業が行われているが、付近は1.7キロにわたって通行止めとなっているようだ。

落石事故の現場

現場は、奥州市江刺区岩谷堂の県道で、「えさし藤原の郷」のすぐ近くだという。

現場付近の場所では、これまでも小規模な落石が確認されていたようだ。



カンタはこう思う

先月の10月下旬には、台風21号の影響で各地に土砂崩れなどの被害が出たが、今回の落石は台風の影響はなかったのだろうか。

車2台が岩と接触して運転手が軽傷を負ったということだが、下敷きになっていたら大変なことになっていただろう。

地盤と建築構造のはなし

参考資料:
・『巨大な岩が道路脇から落下 女性2人けが 岩手 奥州』、NHKニュース、2017年11月15日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224191000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!