1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 火事
  4. 住宅全焼 2人の遺体 住人の夫婦か 福島県郡山市

住宅全焼 2人の遺体 住人の夫婦か 福島県郡山市

2017年11月15日、福島県郡山市で住宅1棟が全焼する火事があった。

焼け跡から2人の遺体が発見された。この家に住む70代の夫婦と見られている。

火事の詳細

15日午後5時過ぎ、福島県郡山市名倉の77歳の伊藤恒雄さんの住宅から煙が出ているのを通行人が発見、消防に通報した。

火は約2時間後に消し止められたが、2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかったという。

この家には、伊藤恒雄さんと73歳の妻の伊藤征子さん、そして娘の3人暮らしで、娘は仕事で外出しており無事だという。

伊藤さん夫婦と連絡が取れていないということで、遺体はこの2人だと見られている。

火事の現場

現場は、福島県郡山市名倉で、JR郡山駅から約3キロの場所にある。

近くには、野鳥の生息地・観測所として有名な「五百淵公園」がある。



カンタはこう思う

娘は仕事で外出していて無事だったようだが、どうやら高齢の夫婦が亡くなった可能性が高いようだ。

これからの季節、暖房器具などの使用が増え、空気も乾燥してくるので、火災が起こりやすくなってくる。

火元の注意だけは怠らないでおきたい。

図解よくわかる 火災と消火・防火のメカニズム

参考資料:
・『住宅全焼2人死亡 70代の夫婦か 福島』、NHKニュース、2017年11月15日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!