1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 山形新幹線 衝突で緊急停車 衝突したのはなんと… 米沢市

山形新幹線 衝突で緊急停車 衝突したのはなんと… 米沢市

2018年8月13日午後8時20分頃、東京行きの山形新幹線が衝突のために緊急停車した。

当時、乗客は約390人いたということだが、けが人は出なかった。

衝突したのは…なんと「クマ」だったという。

熊に衝突して緊急停車

クマに衝突して緊急停車したのは、新庄発東京行きの山形新幹線「つばさ158号」

衝突した場所は、山形県米沢市内のJR関根―大沢駅間だったようだ。

衝突後、現場で車両点検した後、大沢駅まで徐行運転したという。

そして、大沢駅でもう一度点検を行った後、定刻より39分遅れて運転を再開したようだ。

カンタはこう思う

新幹線の乗客にとっては災難だったが、けが人がなくて幸いであった。

一番の災難は、新幹線に衝突されたクマだったろうけれど。

それにしても、新幹線の線路内は、あまり簡単に侵入できないようになっているはずだが、哀れなクマはどのように線路内に入ったのだろう。

侵入経路を調べて、同様の事故が再び起こらないようにしてほしい。

それにしても、今年は、新幹線で刃物を持った男が暴れて、死亡者が出るという凄惨な事件もあった。緊急停車した時は、事情が分からない乗客は、少し不安だったかもしれない。

新幹線開発百年史―東海道新幹線の礎を築いた運転技術者たち

参考資料:
・『山形新幹線、クマと衝突して緊急停車 けが人なし 米沢』、朝日新聞デジタル、2018年8月13日、https://www.asahi.com/articles/ASL8F7H38L8FUTIL042.html

カテゴリ: 災害・事故

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!