1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 交通事故
  4. 高松道で3台が関係する事故 1人死亡7人軽傷 白鳥大内ICから西へ約2.5キロ とらまる公園の近く

高松道で3台が関係する事故 1人死亡7人軽傷 白鳥大内ICから西へ約2.5キロ とらまる公園の近く

2017年8月24日未明に、香川県東かがわ市松崎の高松自動車道で、3台が絡む事故が起こった。

この事故で、1人が死亡、他の2台に乗っていた7人が軽傷を負ったという。

事故の詳細

24日午前3時40分頃、香川県東かがわ市松崎の高松自動車道の上り線を走る軽自動車と下り線を走る乗用車が正面衝突した。

軽自動車が対向車線へはみ出したらしい。

正面衝突した後に元の車線へ押し戻された軽自動車が停車していたところ、後ろから別の軽乗用車が突っ込んだという。

事故の被害者

最初に対向車線へはみ出して正面衝突した軽自動車に乗っていた40代の男性が死亡。

他の2台に乗っていた男女7人が軽傷を負ったようだ。

7人のけが人には小学生や高校生も含まれているという。

事故の現場

現場は、片側1車線で、中央分離帯のない場所。

白鳥大内インターチェンジから西へ約2.5キロで、「とらまる公園」の近く。



カンタはこう思う

午前3時40分頃に起こった正面衝突事故。正面衝突した2台のいずれか、もしくは両方が対向車線へはみ出したということだろう。

追記:

追加情報で、どうやら正面衝突した軽自動車がはみ出したことが分かった。

そして、正面衝突して元の車道に押し戻された後、後ろからきた軽自動車に追突されたということらしい。

未明の事故ということもあり、居眠り運転などは無かったのだろうか。

ただ、単純な運転ミスの可能性もある。

事故現場のあたりは、夜中はかなり真っ暗になるようで、視界がかなり悪くなる。

しかも高速道路でありながら、片側1車線で、中央分離帯もなく、対向車線の間には、細いポールが点在するのみのようだ。

起こるべくして起こった事故、とまでは言わないまでも、危険度が高い場所であるとは感じる。

高速道路 なぜ料金を払うのか ―高速道路問題を正しく理解する

参考資料:
・『高松道で3台絡む事故 対向車線に突っ込み正面衝突、1人死亡、7人軽傷』、産経WEST、2017年8月24日、http://www.sankei.com/west/news/170824/wst1708240024-n1.html
・『香川 高松道で車3台の事故 1人死亡7人けが』、NHKニュース、2017年8月24日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170824/k10011109421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!