1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 交通事故
  4. 【連続写真】東名高速の衝突事故 1人死亡45人けが バスのドライブレコーダーには…

【連続写真】東名高速の衝突事故 1人死亡45人けが バスのドライブレコーダーには…

2017年6月10日午前7時半前に、愛知県新城市の東名高速道路上り線の新城パーキングエリア付近で、乗用車とバスが衝突する事故があったようだ。

10人以上けがをしているとの情報もある。

この事故の影響で、午前9時前の時点で、東名高速道路は、豊川インターチェンジと三ヶ日ジャンクションの間で、上下線とも通行止めとなっているようだ。

追加情報:

バスは、約40人が乗った観光バスのようだ。

けが人は、当初10人以上と報道されていたが、現在は20人以上になっている。その後の報道で、1人死亡45人けがと報道された。

死亡したのは、乗用車を運転していた60代とみられる男性。

乗用車が中央分離帯を乗り越えて反対車線に飛び出してバスと衝突したと見られているようだ。

NHKによると、観光バスのドライブレコーダーには、乗用車が空中を飛んでバスのフロントガラスに激しく衝突する様子が映っていたという。

乗用車は、静岡ナンバーであるらしい。現在、警察が身元の確認を進めている。

観光バスは、愛知県豊橋市にある「東神観光バス」が運行するもので、愛知県豊川市にある旅行会社「トラベル東海」がチャーターしていたという。豊川市内の町内会のメンバーなど47人が乗っていたようだ。

現場付近の区間が6時間にわたって通行止めとなっていたが、午後1時半に上下線とも通行可能となった。

カンタはこう思う

上下線とも通行止めとなっており、10人以上けがをしているとのことで、かなり大きな事故だったようだ。

渋滞などの影響がでると予想される。

追記:

どうやら、乗用車が反対車線に飛び出してきて観光バスに衝突したという事故のようだ。

中央分離帯を乗り越えて飛び出してくるとは、どんな運転をしていたのだろう。

その後の追加情報で、観光バスのドライブレコーダーに乗用車が空中を飛んでバスのフロントガラスに衝突する様子が映っていたようだ。

中央分離帯をジャンプ台のようにして飛んだのだろうか。

さらに追記:

朝日新聞デジタルに、ドライブレコーダーの動画が掲載されていた。動画を載せるのは無理なので、連続写真で紹介する。

やはり、中央分離帯をジャンプ台のようにして乗用車は飛んだようだ。

ジャンプしているのが確認されてからバスに衝突するまで1秒程度。避けるのはまず無理だっただろう。

恐ろしい…。

参考資料:
・『東名高速で乗用車とバスが衝突 10人以上けがの情報も』、NHKニュース、2017年6月10日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170610/k10011013141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
・『東名高速の衝突事故 1人死亡 45人けが』、NHKニュース、2017年6月10日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170610/k10011013411000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005
・『対向車、分離帯越えバスに衝突か 運転男性が死亡 愛知』、朝日新聞デジタル、2017年6月10日、http://www.asahi.com/articles/ASK6B3VS0K6BOIPE004.html?iref=comtop_8_01

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!