1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 水難事故
  4. 井手ヶ浜海岸で2日連続で死亡事故 鳥取市青谷町

井手ヶ浜海岸で2日連続で死亡事故 鳥取市青谷町

2017年8月13日と14日の2日連続で、鳥取市青谷町の井手ヶ浜海岸で死亡事故が起こった。

8月13日の死亡事故

13日午前11時頃、井手ヶ浜海水浴場で、海で泳いでいた男性の姿が見えなくなったという通報があった。

通報から4時間後、岸から200メートル離れた海の中で、男性が見つかったが死亡が確認された。

死亡したのは、神戸市北区に住む69歳の会社員、山田伸彦さんで、家族5人で海水浴に来ていたようだ。

山田さんは、岸から20メートルほどの場所にあるブイにつかまって休んでいたそうだが、突然姿が見えなくなっていたという。

当時、現場付近では、うねりを伴った1メートル50センチほどの波が観測されていたようだ。

8月14日の死亡事故

14日午前10時半過ぎ、井手ヶ浜海岸で、泳いでいた家族が海に流された、という通報があった。

通報から約30分後に、近くの岬から約60メートル離れた海の中で男性が見つかったが、死亡が確認された。

死亡したのは、鳥取市鹿野町の78歳、鈴木陽太郎さん。鈴木さんも、家族5人で海水浴に来ていたという。1人で海に入ったところ姿が見えなくなったようだ。

当時、現場付近では、うねりを伴った高さ1メートル以上の波があったという。



カンタはこう思う

いずれも海水浴に来ていた家族の一員が亡くなったということで、痛ましい事故だ。

2日連続で死亡事故が起こったということで、現場付近に何かしら危険な要素がある可能性がある。

2つの事故に共通する要素として、「午前中」であるということと、「うねりを伴った1メートル以上の波」があったということ。

少し浜から離れると足が取られるくらい波が強い、と話す人もいたようで、かなり波が強かったと考えられる。

今年も全国各地で水難事故が起こっているが、気を付けたいところだ。

参考資料:
・『海水浴場で溺れたか 69歳の男性死亡 鳥取』、NHKニュース、2017年8月13日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170813/k10011098541000.html
・『海水浴の78歳男性 流され死亡 鳥取』、NHKニュース、2017年8月14日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170814/k10011099411000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!