1. TOP
  2. 経済
  3. 会社情報・ニュース
  4. 毛糸の横流しで4000万円を不正取得 クラボウ子会社「クラボウインターナショナル」の元従業員逮捕

毛糸の横流しで4000万円を不正取得 クラボウ子会社「クラボウインターナショナル」の元従業員逮捕

2017年6月15日、大阪府警は、仕入れた繊維原料を個人業者に横流しして、会社に約800万円の損害を与えたとして、飯田重美容疑者を背任の疑いで逮捕した。

飯田重美容疑者

飯田重美容疑者は、大阪府高槻市に住む66歳で、大手紡績メーカー「倉敷紡績(クラボウ)」の子会社「クラボウインターナショナル」の元契約社員。

飯田容疑者は営業補助担当だった2015年4月から9月の間に、6回に分けて毛糸を計3.7トン購入。そして、その購入した毛糸を無償で業者に横流しして、約350万円を個人口座に入金させたという。これにより、会社に約800万円の損害を与えたという。

また、大阪府警は、平成21年(2009年)11月以降、飯田容疑者が同様の手口で、会社に約8000万円の損害を与え、約4000万円を不正に得ていたとみて調べているという。

飯田容疑者は、不正に得た金を「競馬と飲み代に使った」と容疑を認めているようだ。

カンタはこう思う

こういう事件を起こす動機は、借金・女・ギャンブルと相場は決まっているが、今回はギャンブルだったようだ。

それにしても、2009年から横流しが始まっていたというから、会社の対応の鈍さがうかがえる。これだけ大きな額を長い期間バレずに行ってきたのだから、協力者もいるかもしれない。

積極的に協力していなくても、見て見ぬふりをしていた人がいたり、慣行的に行われていたかもしれない。長期間行われていたのだから、その可能性は十分ある。その場合、企業風土に問題があるだろう。

企業不祥事はなぜ起きるのか – ソーシャル・キャピタルから読み解く組織風土

参考資料:
・『毛糸横流し容疑、クラボウ子会社元従業員を逮捕 大阪府警、不正な利益4000万円か』、産経WEST、2017年6月15日、http://www.sankei.com/west/news/170615/wst1706150070-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!