1. TOP
  2. 経済
  3. 会社情報・ニュース
  4. 武田薬品がシャイアー買収で合意 6兆8千億円の大型買収 買い材料?

武田薬品がシャイアー買収で合意 6兆8千億円の大型買収 買い材料?

武田薬品工業がアイルランドの製薬大手であるシャイアー(Shire plc)を買収することで、両社で合意したことが明らかになった。

その買収金額は、驚きの460億ポンド(日本円で約6兆8000億円)

この買収が実現すれば、売上高3兆円超で世界上位10位内にランクインする巨大企業が誕生することになるという。また、日本企業による海外企業の買収としては過去最大のものとなる。

シャイアーとは

シャイアーは、血液や免疫に関わる希少疾患の薬に強みを持つ製薬会社で、アメリカなど100か国以上で薬を販売している。

本社はアイルランドのダブリンに所在。ロンドン証券取引所とNASDAQに上場する大手製薬会社だ。

元々は本社をイギリスのベイジングストークに置いていたが、英国で特許に関する課税制度が打ち出されると、ダブリンへ移転させたという。

シャイアー自身、これまでに買収を数多くこなすことにより、希少疾患の薬の路線で強みを出してきた。

今回は買収される側になったわけだが。

武田薬品がシャイアーを買収した理由と狙い

世界に目を向けると、製薬業界では、大型買収が相次いで行われているという。例えば、以下のとおり。

・アイルランドの製薬大手のアクタビスがアメリカの製薬会社を約8兆円で買収

・ドイツのバイエルがアメリカのバイオ科学大手のモンサントを約7兆円で買収

なぜ製薬業界で大型買収が相次いでいるのかというと、やはり新薬の存在が大きいという。

薬は、人間に使用される以上、実際に販売されるまで、臨床試験など様々な段階を経なければならない。そのため、新薬の開発には、10年単位の時間がかかるといわれているようだ。

製薬会社自体を買収することにより、新薬開発のかかる膨大な手間や負担、そして時間を節約できるというメリットがあるのである。

武田薬品の財務状況は

今回の買収には、多額の融資が関与する。

三井住友銀行と三菱UFJ銀行、そしてアメリカのJPモルガン・チェースの3行が、限度額308億5000万ドル(約3兆3000億円)に及ぶ融資額を設ける契約を武田薬品と結んだという。

つまり、買収額の半分程度は、銀行の融資で賄うということになる。

これだけの有利子負債が増えるとなると、武田薬品の財務状況にはかなりの影響が出そうだ。

数年前には、自己資本比率80%近くの超健全な財務体質だったが、ここ数年は買収のために有利子負債が増え、自己資本比率は落ちてきている。ここにきて、今回の買収により、自己資本比率の更なる落ち込みが予想される。

ただ、現状維持を貫くだけでは、企業の将来としては心もとない。リスクを承知で未来の利益の確保を目指す企業の姿勢が見て取れる。

買収先のシャイアーは利益率が高く、また武田薬品の既存の製薬にも寄与する技術が得られるとの公算のようだ。果たして、吉と出るか。

買収の今後

今回の買収について、武田薬品とシャイアーとの間で合意に至ったものの、両社それぞれの株主の承認が必要となる。

株主の賛同が得られるかどうかが今後の焦点となるだろう。

参考資料:
・『武田薬品 6兆8000億円でシャイアー買収合意』、NHKニュース、2018年5月8日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180508/k10011430631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!