1. TOP
  2. 文化・エンタメ
  3. アート・芸術
  4. ダビンチの幻の作品「サルバトール・ムンディ」 史上最高額508億円(4億5千万ドル)で落札 ニューヨーク・クリスティーズ

ダビンチの幻の作品「サルバトール・ムンディ」 史上最高額508億円(4億5千万ドル)で落札 ニューヨーク・クリスティーズ

2017年11月15日(日本時間16日)、イタリアの巨匠・レオナルド・ダビンチの油絵「サルバトール・ムンディ(Salvator Mundi)」が競売にかけられ、約4億5000万ドル(約508億円)で落札された。

美術品としては史上最高の落札額だという。

「サルバトール・ムンディ(Salvator Mundi)」

ダビンチの油絵「サルバトール・ムンディ(Salvator Mundi)」は、現存する数少ないダビンチの絵画のうち唯一個人所有の作品。

長い間行方不明となっていたが、発見され復元されたのち、2011年に公開された。

絵画はキリストを「Salvator Mundi = 世の救い主」として描いた作品で、絵の中でキリストは右手を挙げて指を交差させており、左手で水晶玉を持っている。

ダビンチは、1506年から1513年の間に、フランスのルイ12世のためにこの絵画を描いたという。

「幻の作品」

「サルバトール・ムンディ」は長い間行方不明とされていたが、アートディーラーらによって2005年に取得され、ダビンチの作品であると鑑定された。

復元処理が施された後、2011年にロンドンのナショナル・ギャラリーで展示され、2013年にはロシアのコレクターに1億2750万ドルで売却されていた。

2017年10月10日、クリスティーズ・オークション・ハウスがこの絵画がオークションに出品されることを発表し、そして11月15日、同絵画は4億5030万ドルで売却された。

カンタはこう思う

500年前以上に、しかもダビンチによって描かれた数少ない作品の1つであるということで、史上最高の落札額となるのは納得である。

それにしても、ロシアの実業家のドミトリー・リボロフレフ(Dmitry Rybolovlev)は、2013年にこの作品を1億3000万ドル弱で取得してから、2017年に4億5000万ドルで売却したわけだから、たった4年間で約3億ドル(約340億円)の儲けを出したことになる。

たった1枚の絵画を右から左へ流しただけで、300億円以上の利益を出したということになる。もちろん、単なる1枚の絵画という範疇を超えた作品であるが。

凄い話である。

レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の素描と手稿

参考資料:
・『ダビンチ競売は史上最高508億円で落札 長年不明だった「幻のキリスト絵画」』、産経ニュース、2017年11月16日、http://www.sankei.com/life/news/171116/lif1711160027-n1.html

カテゴリ: アート・芸術

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!