1. TOP
  2. 健康・医療
  3. 「溜め込み症」と「ゴミ屋敷」の関係

「溜め込み症」と「ゴミ屋敷」の関係

現代では様々な心の病気、精神障害があるが、「溜め込み障害」というのはあまり聞かないかもしれない。

一方で、「ゴミ屋敷」という言葉はよく聞くと思う。

実は、「ゴミ屋敷」の原因に「溜め込み障害」が関わっている可能性があるという。

「溜め込み障害」は世界中で見られる精神疾患

「ためこみ症」、「溜め込み障害」というのは、世界中で見られる症状で、英語では hoarding disorder という。

例えば、以下の症状が見られれば、「溜め込み障害」である可能性がある。

・物を捨てることに強く抵抗する
・物を捨てることを考えること自体に嫌悪感がある
・持ち物に感情的な思い入れがある
・家の中に物があふれ、家事もできないような状態になっている
・古い新聞や雑誌が山積みになって整理されていない
・生ごみが処理されておらず、衛生面に問題がある
・先延ばしにする傾向があり、優柔不断であったり社会との接点も少ない

溜めこまれる物はモノに限らない

この「溜め込み障害」でため込む対象となるのは、モノに限らない。

猫などの小動物も含まれる。

時々、「ネコ屋敷」などと揶揄される家があり、近隣の住民が迷惑しているというニュースがあるが、この猫屋敷の住人もため込み症である可能性が高いという。

溜め込み障害は早期に対処するのが望ましい

こういった「ためこみ症」の状態が深刻なものになると、いわゆる「ごみ屋敷」とか「猫屋敷」といった結果につながりやすい。そこまで深刻な状態に陥ってしまうと、自力でその状態を変えるのはかなり困難になる。

本人も、その状態が異常であると認識していることは少なく、周りの人間がアクションを起こさない限り、常態化する可能性が高い。

実際、行政や近隣の住民によって、ごみ屋敷の処理が行われる例もあるようだ。ごみ屋敷の場合、衛生面の問題だけでなく、火災などの問題も考慮しなければならないのである。

他の精神疾患と同様、周りの人間がサポートし、できるだけ早期に対処するのが望ましいだろう。

参考資料:
中嶋泰憲、『物を捨てられない人は「溜め込み障害」にご注意!』、All About、https://allabout.co.jp/gm/gc/455261/


カテゴリ: 健康・医療

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!