1. TOP
  2. 事件
  3. 傷害事件
  4. 東京都大手町で女性が背中を複数回刺される 男を逮捕 ミャンマー人同士のトラブルか ストーカーの可能性 大手町駅近く

東京都大手町で女性が背中を複数回刺される 男を逮捕 ミャンマー人同士のトラブルか ストーカーの可能性 大手町駅近く

2017年8月7日午前7時頃、東京都千代田区大手町1丁目の路上で、女性が背中を複数回刺されるという事件が起こった。

被害者女性は30代でミャンマー国籍と見られており、背中を3カ所刺されるなどして意識不明の重体だという。

警察は、現場にいた20代でミャンマー国籍と見られる男を殺人未遂の容疑で現行犯逮捕した。男は容疑を認めているようだ。

現場は、東京メトロ東西線の大手町駅から約300メートルほどの場所。

現場付近には他にも複数の人がいて、「(2人が)もめていた」とか「男が女性を刺した」という話している人もいるようだ。

追加情報:

逮捕されたミャンマー人の男の名前が判明した。

逮捕された男は、ニェン・チャン・アウン容疑者で、28歳。女性の元交際相手だという。

被害者の女性は26歳のミャンマー人で、2017年1月には警察に「男に何度も待ち伏せされている」と相談していたという。

5月には、警察に「もう大丈夫なので連絡はいりません」と話していたようだ。

カンタはこう思う

今回の事件では、2人には面識があったらしく、知人同士のトラブルと見られているようだ。

最近は、今回のような「外国人同士のトラブル」のニュースを聞くことも珍しくなくなったと感じる。

日本にも外国からやってくる人が多くなった。旅行でやってくる外国人が落とすお金で日本は潤っているし、介護など人手が足りない分野では外国人の方ががんばってくれている。そんな中、一部の人がこういった事件を起こすのは、仕方のないことだろう。

こういうニュースで日本人が被害者や加害者になっていないことを知ると、少しだけホッとする。島国根性が抜けていないのだろうか。男女間のこういったトラブルは、日本でも珍しいことではないだが。

私からすれば、日本という外国にいる数少ないミャンマー人同士なのだから仲良くすればいいのに、と思うのだが、狭いコミュニティだからこそ感情の逃げ場がなかった、ともいえるのだろうか。

午前7時頃の事件で、現場はオフィス街ということもあり、周辺は騒然としているようだ。

負けるな!在日ビルマ(ミャンマー)人

追記:

女性は「何度も待ち伏せされている」と警察に相談していたようなので、どうやらストーカー事件の可能性が高い。

ストーカー対策・自己防衛に必要な知識 ストーカー事件の実例集

今年1月に警察に相談し、5月に「もう連絡は必要ない」と警察に話していたというから、おそらくストーカー行為は中断されていたようだが…。

参考資料:
・『東京・大手町で女性が刺され意識不明 男を現行犯逮捕』、朝日新聞デジタル、2017年8月7日、http://www.asahi.com/articles/ASK872TW7K87UTIL006.html
・『ミャンマー人の女性刺され重傷 元交際相手の男 逮捕』、NHKニュース、2017年8月7日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170807/k10011090791000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!