1. TOP
  2. 事件
  3. いじめ・虐待
  4. 生後2か月の長女殺害の可能性 23歳の父親逮捕 静岡県沼津市

生後2か月の長女殺害の可能性 23歳の父親逮捕 静岡県沼津市

2017年6月28日、生後2カ月の長女に暴行を加えて殺害したとして、23歳の父親で会社員の郷家郁也容疑者が逮捕された。認否は不明。

郷家容疑者は、2016年12月、静岡県沼津市の自宅マンションの部屋で生後2カ月だった長女の石田璃愛(りあ)ちゃんに暴行を加えて殺害した可能性があるという。

郷家容疑者は、璃愛ちゃんを病院に連れて行き、「子供を落としてしまった」などと説明していたようだ。璃愛ちゃんは、頭を強く打っており、1週間後に死亡したという。

病院から「虐待の疑いがある」と児童相談所に連絡があり、郷家容疑者の逮捕となった。

璃愛ちゃんは、郷家容疑者と母親で当時16歳だった少女との間に生まれた長女のようだ。3人暮らしで、事件当時、母親は外出していたという。

カンタはこう思う

郷家容疑者の認否については明らかになっていない。

しかしながら、病院から「虐待の疑いがある」と通報があり、警察が調べた結果、逮捕となっているので、殺害の可能性は高いと思われる。

ただ、経緯については詳しく調べる必要があるだろう。

「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―

参考資料:
・『生後2か月の長女殺害か 23歳父親逮捕 静岡』、NHKニュース、2017年6月29日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170629/k10011033871000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!