1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 静岡ニュース
  5. 伊豆市ローカルニュース
  6. 行方不明の26歳女性の遺体を伊豆市仁科峠で発見 自殺した元交際相手の44歳男が関与か 偽装工作も

行方不明の26歳女性の遺体を伊豆市仁科峠で発見 自殺した元交際相手の44歳男が関与か 偽装工作も

2017年8月28日、行方不明となっていた26歳の女性の遺体が静岡県内の林で見つかり、元交際相手の男が自殺したと見られることが分かった。

伊豆市仁科峠で女性の遺体を発見

女性の遺体は、東京都大田区の26歳の会社員、加藤菜緒さんのものであるという。

加藤さんは、今月20日頃から連絡が取れなくなり、22日に母親から田園調布署に行方不明届が出ていたようだ。

捜査1課は、加藤さんと直前の19日まで一緒にいた男について捜査を開始。

防犯カメラに写っていた男の車の動きや目撃証言などを基に、27日に静岡県伊豆市の仁科峠で加藤さんの遺体を発見したという。

元交際相手の男が自殺

加藤さんの元交際相手の男は44歳の同僚。

8月24日、参考人として、警察から任意に事情聴取を受けていた。

しかし、事情聴取を受けた翌日の25日に、広島県内の実家で自殺しているのが見つかったという。

警視庁は、この男を殺人と死体遺棄の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検する方針のようだ。

加藤さんと元交際相手の男の関係

8月10日、加藤さんは田園調布署に電話し、元交際相手の男が「自殺すると言って別れてくれない」と相談していたようだ。

そのため、同署は男に口頭で警告していたという。

その後、加藤さんから「今後も付き合っていくので、警察は関わらなくてよい」と同署に申し出があったようだ。

19日午後7時半頃、加藤さんと元交際相手の男が一緒に同居していた東京都大田区内のマンションの方向へ歩いていく姿が防犯カメラに写っていたという。

生存偽装、ブルーシートなどの購入

20日午前9時40分頃、加藤さんの携帯から、不自然な内容のメールが32歳の知人男性に送られていたようだ。

それ以前の7時35分頃に送られたメールでは変わった様子が無かったものの、9時40分頃のメールでは、それまでのやりとりとは合わない内容だったという。

この時間帯に加藤さんは殺害されたと見られており、元交際相手の男が加藤さんの生存を偽装するために加藤さんの携帯を使った疑いがあるようだ。

また、元交際相手の男は、20日朝にレンタカーを借りており、21日午前には、伊豆市内のホームセンターで、作業着やブルーシートなどを購入していたことも判明した。

そして、22日昼過ぎには、レンタカーの中に土のついた布団を置いている様子などが目撃されているという。



カンタはこう思う

現在のところ、状況証拠しかないわけだが、元交際相手の男が加藤さんを殺害し、遺体を遺棄したことに間違いはなさそうだ。

2人の間の事なので、どういった関係だったのかは分からないが、最悪の結果だといえる。

元交際相手の男が加藤さんを殺害する前に思いとどまっていれば一番良かったのだが、やはり愛憎が絡むと時としてこういった悲劇が生まれる。法律が整っていれば防げるといった性格のものではないだろう。

警察としてはこれ以上の対応は無理であったと思われる。

恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学

参考資料:
・『行方不明の26歳女性、遺体で発見 元交際相手の44歳男自殺…殺害関与か』、産経ニュース、2017年8月29日、http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290004-n1.html
・『不自然なメール、生存偽装か=自殺の男、26歳女性遺体事件-警視庁』、時事ニュース、2017年8月29日、https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900145&g=soc

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!