1. TOP
  2. 事件
  3. 新聞配達員を刺した犯人はなんと…中学生 「イライラして」 大阪府吹田市 

新聞配達員を刺した犯人はなんと…中学生 「イライラして」 大阪府吹田市 

2018年7月18日、大阪府吹田市の住宅街で新聞配達員の女性が刺される事件が起こった。

この刺傷事件の犯人が8月19日に逮捕された。

犯人は、なんと中学生だった。

刺傷事件

7月18日午前3時半ごろ、大阪府吹田市尺谷の路上で新聞配達をしていた40歳の女性がいきなり押し倒され、ナイフで刺されたり切られたりする事件が起こった。

女性は、馬乗りになられて、胸や足などを何度も刺されたという。命は助かったものの、全治1カ月以上の大けがを負った。

犯人は中学生

警察は、8月19日、大阪府内に住む中学2年生で14歳の男子生徒を殺人未遂で逮捕した。

付近の防犯カメラを解析するなどして割り出したようだ。

警察が発表した犯行理由は以下の通り。

「日常生活のストレスがたまり、イライラして人を殺そうとした。新聞配達の人がたまたま通りがかったのでナイフで刺した。誰でもよかった」

カンタはこう思う

イライラしただけで誰彼構わず刺されたらたまったものではないが、悲しいことにこういう「誰でもよかった」的な事件は時々発生する。

今回の事件がショックだったのは、犯人が14歳という中学生だったこと。つい2年前にはランドセルを背負って小学生に通っていたのだ。

14歳の少年による殺傷事件としては、1997年に神戸市で起こった神戸連続児童殺傷事件がある。

今回の事件は、神戸の殺傷事件ほど猟奇的ではないが、14歳という子供が起こした事件であるということ、誰でもよかったということ、という点で、類似している。

なんにしても、付近の住民は不安だっただろう。犯人が捕まってよかった。

「少年A」被害者遺族の慟哭

参考資料:
・『新聞配達員刺した疑い 中学生 殺人未遂容疑で逮捕 大阪 吹田』、NHKニュース、2018年8月19日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180819/k10011582261000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

カテゴリ: 事件

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!