1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. アメリカニュース
  5. 【動画】米ユナイテッド航空 乗客を引きずり下ろす 機内に悲鳴|時事・ニュース

【動画】米ユナイテッド航空 乗客を引きずり下ろす 機内に悲鳴|時事・ニュース

2017年4月9日、アメリカのユナイテッド航空で、乗客の男性が強制的に引きずり降ろされるという出来事が起こった。オーバーブッキング(予約超過)が理由だという。

男性が引きずり降ろされる様子を収めた動画が広がり、ユナイテッド航空に非難が起こっている。

その動画がこれである↓

動画を見てみると、アジア系の男性が男に手を掴まれて通路を引きずられる様子が確認される。

出来事の経緯

シカゴからケンタッキー州ルイビル行きの3411便で、オーバーブッキングが発生。

ユナイテッド側は、当初補償金を出す代わりに搭乗変更に応じる客を募ったものの、誰も名乗り出なかった。そのため、自社ルールに従って無差別に4人を選択したという。

選び出された4人のうち3人は何事もなく機を降りたものの、1人の乗客は拒否した。そのため、この乗客を強制的に引きずり降ろす事態になったという。

ユナイテッド航空のコメント

チャーリー・ホバート(Charlie Hobart)氏は、男性に対して席を譲るように「我々は何度も丁寧にお願いした」とコメント。また、搭乗していた多くの客を目的地に定刻通りかつ安全に届けなければならなかった背景も説明。

そして、引きずり降ろされた男性が航空機を降りることを拒否したため、警察を呼ぶしかなかったと語った。

引きずり降ろされた男性とは

引きずり降ろされた男性の素性は明らかにされていないが、居合わせた乗客によると、本人は「飛行機は降りない。私は医者で朝には患者を診なければならない」と発言していたという。

また、セキュリティを呼びにその場を去ったフライトアテンダントに対して「自分が中国人だから選ばれた」と苦情を叫んだという。

また、その男性は、引きずり降ろされた後も、再び機内に現れ、「I have to go home(家に帰らないといけない)」と何度も連呼しながら通路を走っている様子の動画に収められている。

逃げ回っているように見えるが、どうなのだろうか。

追記:

引きずり降ろされた男性の名前が判明した。デービッド・ダオ(David Dao)さん。69歳だ。

近く、ユナイテッド航空を相手に裁判を起こす予定だという。

ユナイテッド航空提訴へ 引きずり降ろされた男性 鼻と前歯2本折る

なぜオーバーブッキング(過剰予約)が起こるのか

航空会社は、定員数を超える乗客の予約を受け付けることがある。これにより、乗客にキャンセルが出たとしても、満席に近い状態で運行させることができるのである。

キャンセルが出ず座席数が足りなくなった場合は、席を譲ってくれる人を募ることになる。この場合、振替便を用意するほか、補償金という形で金銭が渡されたり、ギフトカードなどの特典を付与することが多い。

デルタ航空 オーバーブッキングで100万円の補償金

今回は、こういった経緯で席を譲ることを求められた乗客がその要求を拒否したため、強制的に引きずり降ろすという行為に至ったようだ。ただ、今回の対応について、 Chicago Department of Aviation は、標準的な運用手続きに従ったものではないとしている。

 


よくわかる航空業界 (最新業界の常識)

 

参考資料:
Victor, Daniel, Stevens, Matt, United Airlines Passenger Is Dragged From an Overbooked Flight, The New York Times, April 10, 2017, https://www.nytimes.com/2017/04/10/business/united-flight-passenger-dragged.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=second-column-region&region=top-news&WT.nav=top-news&_r=0


当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!