1. TOP
  2. 健康・医療
  3. 乳児ボツリヌス症で足立区の乳児死亡 原因は蜂蜜 親が知るべき「いつから与えるか」|時事・ニュース

乳児ボツリヌス症で足立区の乳児死亡 原因は蜂蜜 親が知るべき「いつから与えるか」|時事・ニュース

2017年4月7日、東京都は、乳児が「乳児ボツリヌス症」で死亡したことを発表した。

事故の詳細

死亡した乳児は、東京都足立区に住む生後6か月の男児。

男児の親は、今年1月からジュースに市販のはちみつを混ぜたものを1日平均2回ほど乳児に与えていたという。

2月16日にせきなどの症状が出て、同20日に病院に搬送されたものの、3月30日に死亡したという。

便や自宅の蜂蜜からボツリヌス菌が検出された。

1か月以上病院で入院していたのだろうか。親は後悔してもしきれないだろう。改めて、「正しい知識を持つ」ことの重要さが認識される。

乳児に対しては、特に口に入れるものに関しては、慎重になり過ぎることはない。少しでも疑問に思ったなら、調べるなり周りの人に相談するなりすべきだろう。

乳児ボツリヌス症とは

乳児ボツリヌス症は英語で infant botulism という。

ボツリヌス菌(Clostridium botulinum、the botulinus bacterium)自体は、自然界に常在する。通常は土壌中に存在するが、蜂蜜に含まれていることもある。

通常は、1歳を越えた人体では、大腸の腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう、「腸内フローラ」)が形成されるため、ボツリヌス菌は増殖できない。

しかし、1歳未満の乳児は消化器官が未熟であるため、ボツリヌス菌で汚染されたハチミツを摂取してしまうと、菌が腸内で繁殖してしまう恐れがあるのだ。

そのため、蜂蜜の容器には注意書きが書かれてある。1歳未満の乳児にハチミツを食べさせてはならないのである。

なお、乳児ボツリヌス症は、国立感染症研究所に記録が残る1986年以降で、国内で発症が確認されたのは、今回の事故で36症目で、死亡したのは今回が初めてだという。

 

参考資料:
『乳児ボツリヌス症、初の死亡…離乳食にはちみつ』、YOMIURI ONLINE、 2017年4月7日、http://www.yomiuri.co.jp/national/20170407-OYT1T50121.html?from=y10


当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!