1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 女児殺害 渋谷恭正容疑者「保護者会(PTA?)」会長を務め「見守り隊」に参加|時事ニュース

女児殺害 渋谷恭正容疑者「保護者会(PTA?)」会長を務め「見守り隊」に参加|時事ニュース

2017年4月14日付のNHKニュースによると、ベトナム国籍の女児殺害事件の渋谷恭正容疑者は「小学校の保護者で作る会」の会長も務めていたという。

「小学校の保護者で作る会」というのは、PTAみたいなものだろうか。

長男がリンさんと同級生だという男性の話

「渋谷容疑者はリンさんが通っていた小学校の保護者で作る会の会長を務めていたので、びっくりしました。」

 


 

また、渋谷容疑者は、なんと小学生の子供が2人いて、子煩悩で温厚な人というイメージもあったようだ。

『見守り隊』にも参加していたという。

渋谷容疑者が住むマンションの住人

「渋谷容疑者には2人の小学生の子どもがいましたが、とても子ぼんのうで、温厚な人だという印象があります。朝は登校する子どもたちの『見守り隊』にも参加していて、子どもたちの安全に気をつかっている様子でした。」

 


 

自分に子供がいるような人が、なぜあのような残虐な行為に及んだのだろう。とても信じられない。

また、子供の安全にも気を遣うような(少なくとも表向きは)人であったらしい。

近所の評判だけで判断すると、とてもあのような犯行をするような人間に思えないが…。

もちろん、近所の評判はあくまで個人の印象なので、必ずしも本人の実情を示すものではないけれど。自分の残虐性を隠すためのカモフラージュという可能性もある。

 

参考資料:
・『女児殺害 「男は保護者で作る会の会長だったことも」』、NHK NEWS WEB、2017年4月14日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010948141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010


カテゴリ: 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!