1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 小学生1人が死亡した事故 加害者は不起訴へ|神奈川ニュース

小学生1人が死亡した事故 加害者は不起訴へ|神奈川ニュース

2016年10月に横浜市港南区で、集団登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み、当時1年生の田代優(まさる)君が死亡するという悲しい事故が起こった。

この事件で、当時88歳の無職男性が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で送検されたが、この度横浜地検は不起訴処分とする方針を固めたという。

なぜ不起訴なのか

加害者男性を精神鑑定した結果、男性は「アルツハイマー型認知症」と診断されたという。

過去に同様の経験がなかったことから、横浜地検は刑事責任が問えないと判断したようだ。

事故が起こった経緯

加害者男性は、10月27日朝に、「ゴミを捨てに」自宅を出発したが、高速道路で出入りを繰り返しながら断続的に運転を続け、次の日の28日朝に事故を起こしたとのこと。

つまり、断続的にとはいえ、2日続けて運転していたことになる。88歳の男性が2日も続けて運転していたことから、疲労による判断力不足も考えられるのだが、そもそも2日間もさまよっていたという事実も認知症と判断された要因かもしれない。

 

 

参考資料:
『認知症で運転の88歳男性不起訴へ 横浜小1死亡事故』、朝日新聞、2017年3月31日、http://www.asahi.com/articles/ASK3Z5SFFK3ZULOB01B.html


当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!