1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 民進党 長島昭久議員が離脱 小池都知事と連携? 各党の反応|時事・ニュース

民進党 長島昭久議員が離脱 小池都知事と連携? 各党の反応|時事・ニュース

2017年4月10日、民進党の衆院議員で元防衛副大臣の長島昭久議員が離党届を出した。

長島昭久議員の経歴

長島氏は、衆院5期(比例東京)。

鳩山由紀夫内閣、管内閣の元で防衛大臣政務官を務め、野田内閣の元で内閣総理大臣補佐官と防衛副大臣を歴任している。

こういった経歴を持つため民進党でも重鎮と見てよいだろう。

長島昭久議員 離党の理由

記者会見で長島氏は「共産党との選挙共闘という党方針は、私にとって受け入れがたい。保守政治家として譲れない一線を示す。」と語った。

また、「外交・安全保障政策で(自分の考えと)共産党の路線とは重なることはない」と語り、改めて共産党との共闘について反対している。

党の基本路線とは相容れないと明確なメッセージを残しているわけだから、訣別は当然と言えば当然だろう。

東京での国会議員であり民進党の重鎮の離党は、7月には都議選も控えていることから、民進党にとって痛手だ。

なお、小池百合子都知事については「あらゆる可能性を追求したい」と述べており、連携する可能性もみられる。

各党の反応

民進党

野田佳彦幹事長は離党届を受理せず、預かりとしている。同日午後に開く党執行役員会で今後の対応を模索するようだ。

自民党

自民党東京都連会長の下村博文幹事長代行は、「我々に非常に考え方が近い人だと思う。自民党と同じ会派で活動してもらえればありがたい。」と長島氏の自民党入りに興味を示している。

なお、自民党入りについては、長島氏は「全く考えていない」と発言している。

まあ、自民党と対立していた民進党にずっと在籍していたわけだから、すぐにほいほいと自民党に入りますとは言えないだろう。

 

参考資料:
・『民進・長島氏が離党届=小池都知事と連携模索』、時事ドットコム、2017年4月10日、http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041000155&g=pol
・『民進党 長島議員が離党届「共産党共闘受け入れがたい」』、毎日新聞、2017年4月10日、https://mainichi.jp/articles/20170410/k00/00e/010/141000c


カテゴリ: 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!