1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 竹中工務店 申告漏れ1億5000万円 水増し請求の所得隠し認定と経理ミスなどで|時事・ニュース

竹中工務店 申告漏れ1億5000万円 水増し請求の所得隠し認定と経理ミスなどで|時事・ニュース

大手建設会社「竹中工務店」が大阪国税局からおよそ1億5000万円の申告漏れを指摘された。追徴課税額は、およそ4900万円に上るという。竹中工務店は、すでに全額を納付した。

申告漏れの経緯

申告漏れを指摘された1億5千万円は、おととしまでの5年間の期間に対するものであるらしい。

この1億5000万円のうち、約4600万円については、元社員の男性が起こした不祥事に関するものである。

この元社員の男性は、ビルの建設工事を請け負っていた下請け会社に工事代金を水増し請求させて、水増し分の約4600万円を私的に流用していたという。この水増し・私的流用の分が所得隠しに認定されたということだ。

所得隠し認定の理由については、大阪国税局は「実態としては協力会社に支払われておらず、経費として認められない」としている。

おそらく、竹中工務店は、この水増し請求分を経費として計上していた、ということだろうか。まあ経費として計上するのは間違いだとしても、竹中工務店も被害者なわけで、若干酷なような気もする。

まあ、竹中工務店が損害を被った分については、元社員と解決してください、ということだろう。

なお、竹中工務店は、この問題の元社員の男性をすでに懲戒解雇し、刑事告訴を検討しているという。当然だろう。

この元社員のような輩はちょくちょく出てくるね。最終的には、竹中工務店の監督不足ということに行き着くんだろうけれど。

この水増し請求分の4600万円の他、本来異なる時期の決算期に収益を計上するという経理ミスなどによって、トータルでおよそ1億400万円の申告漏れがあったそうだ。そんな基本的なミスってあるのだろうか。経理も素人じゃあるまいし。

こうして計算された申告漏れ額に対する約4900万円の追徴税額は、水増し請求分に対する重加算税を含めた額である。


国税局資料調査課

参考資料:
・『竹中工務店が1億5千万円申告漏れ 元社員、工事代金水増し請求』、産経WEST、2017年4月13日、http://www.sankei.com/west/news/170413/wst1704130019-n1.html


カテゴリ: 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!