1. TOP
  2. 事件
  3. 成田空港で「不発弾」? A滑走路を閉鎖

成田空港で「不発弾」? A滑走路を閉鎖

2018年9月13日、成田空港で「不発弾のようなもの」が発見された。

そのため、成田空港ではA滑走路を閉鎖し、警察が確認を進めているようだ。

不発弾のようなものを発見

13日午前3時半頃、成田空港のA滑走路の北端近くにある緑地帯で作業をしていた工事業者から「不発弾のようなものがある」と連絡があったという。

そのため、午前5時半頃から、A滑走路を閉鎖しているという。

「不発弾のようなもの」は、筒状のもので、一部が土に埋まっており、約50センチほどが見えている状態のようだ。

A滑走路を閉鎖

成田空港には2本の滑走路があり、そのうちのA滑走路が閉鎖されている。

B滑走路は通常通り運用しているものの、今後便数が増えると、影響が出る可能性がある。

「成田闘争」で使われた「飛翔弾」か

今回見つかった「不発弾のようなもの」は、いわゆる「成田闘争」で使われた「飛翔弾」である可能性があるという。

成田闘争とは何か

成田闘争とは、「三里塚闘争」とも呼ばれるもので、成田空港の開港に伴う反対運動で起こった闘争のこと。現在進行中。

死者も出るほどの問題となった。

成田闘争を含む成田空港に対する反対運動のため、成田空港は処理能力の点で大きなハンデを負うこととなった。

そのため、成田空港が国際的な評価を下げ続け、3本の滑走路を持つ韓国の仁川国際空港(インチョン空港)などに追い抜かれることになる大きな原因となった。

「成田」とは何か―戦後日本の悲劇

参考資料:
・『成田空港 A滑走路を閉鎖 “不発弾のようなもの”』、NHKニュース、2018年9月13日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180913/k10011627571000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

カテゴリ: 事件, 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!