1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 北海道で震度6強の地震 北海道全域の電力供給がストップ その理由・原因は

北海道で震度6強の地震 北海道全域の電力供給がストップ その理由・原因は

2018年9月6日午前3時過ぎ、北海道で震度6強の地震が発生した。

この地震の影響により、北海道全域の電力が停止している。

震度6強の地震

6日午前3時8分頃、北海道安平町で震度6強と見られる地震が発生した。

NHKによると、各地の震度は以下の通りとなっている。

震度6強:安平町

震度6弱:千歳市

震度5強:札幌市北区、苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市、長沼町、新ひだか町

震度5弱:函館市、室蘭市、岩見沢市、登別市、伊達市、北広島市、石狩市、新篠津村、南幌町、由仁町、栗山町、白老町など

震度5弱以上の揺れが推定されているものの、データの入っていない市町村:真町、むかわ町、日高町、平取町、新冠町

北海道の他、青森県でも震度4の揺れが観測され、東北地方や関東、そして新潟県でも震度3~1の揺れが観測された。

震源・マグニチュード

震源やマグニチュードなどについては、以下の通り推定されている。

震源地:北海道胆振地方中東部

震源の深さ:37キロ

地震の規模を示すマグニチュード:6.7

北海道内全域で電力供給ストップ 需給バランスが原因

地震が発生した当時、北海道全域で310万キロワットの電力需要があった。

そして、その電力を北海道内にある主に4カ所の火力発電所で供給していたようだ。

しかし、地震の影響で、4か所のうちの1つである、厚真町にある苫東厚真火力発電所が停止してしまった。

苫東厚真火力発電所が止まったことで、165万キロワット分、つまり需要の半分以上の電力供給がストップした。

これにより、北海道内の電力の需給バランスが急激に崩れ、他の3カ所の火力発電所も、故障が起こらないように、自動的に停止したようだ。

大規模停電

主要4カ所の火力発電所の運転が停止したために、北海道内全域の電力供給が止まってしまった。

これにより、295万戸全てが停電したという。

カンタはこう思う

どうやら、北海道で電力を供給していた4カ所の火力発電所全てが地震の揺れの直接的な影響でストップしたわけではなく、1カ所の運転が停止したために、他の3カ所の運転も、自動的に停止したようだ。

その理由は、需給バランスが急激に崩れ、故障を防ぐための自動的な措置であるようだ。

数日前に関西で起こった台風のように、電柱が倒れたり電線が切れたりするなどの物理的な被害は少ないと思うので、復旧にはそれほど時間はかからないと思うが…。

参考資料:
・『北海道で震度6強 津波の心配なし』、NHKニュース、2018年9月6日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011611431000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002
・『大規模停電 発生原因 “需給バランス 急激に崩れて”』、NHKニュース、2018年9月6日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011612821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!