1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. 対北朝鮮 米国は「対話の道」模索か|国際ニュース

対北朝鮮 米国は「対話の道」模索か|国際ニュース

2017年4月26日、アメリカは、北朝鮮を「対話の道」に戻すことを目指していると表明し、外交手段と追加制裁によって北朝鮮に対する圧力を高めていく考えを示した。

ジェームズ・マティス国防長官、レックス・ティラーソン国務長官、ダン・コーツ国家情報長官が連盟で声明を発表。軍事行動を示唆する表現を抑え、国際社会に対して北朝鮮の核計画の解決に向けて協力するように呼びかけたという。

ドナルド・トランプ大統領は「同盟諸国や地域のパートナーと共に、経済制裁を強化し、外交手段を用いることで、北朝鮮に対して核や弾道ミサイル、拡散の計画を放棄するよう圧力を掛け」ていく意向のようだ。

 

現在のところ、軍事衝突は回避されたようだ。

対話で北朝鮮の核開発や弾道ミサイルによる威嚇をストップさせるほうが、色んな面で好ましいだろう。

しかし、この問題に周辺諸国は一体何年振り回されなければならないのだろうか。

 

参考資料:
・『外交と制裁で北朝鮮を「対話の道」へ 米長官らが声明』、AFP、2017年4月27日、http://www.afpbb.com/articles/-/3126541


カテゴリ: 国際ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!