1. TOP
  2. 事件
  3. テロ事件
  4. 駅で男が女性2人を刃物で切りつけ殺害 フランス・マルセーユのサンシャルル駅 テロの可能性

駅で男が女性2人を刃物で切りつけ殺害 フランス・マルセーユのサンシャルル駅 テロの可能性

2017年10月1日、フランス南部マルセーユにある駅で、男が突然刃物で通行人を切り付ける事件が起こった。

女性2人がのどを切られるなどして死亡したという。

なお、男はその場でパトロール中の兵士に射殺されたようだ。

事件の詳細

1日、マルセーユにあるサンシャルル駅の構内で、男が突然刃物で通行人に切りつけたようだ。

目撃者によると、男はアラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたらしい。

また、男は女性を襲った後、兵士にも襲い掛かろうとしたようだ。

テロの可能性も視野に入れて現在調査中だという。

サンシャルル駅

事件の現場となったサンシャルル駅は、フランスの第2の都市マルセーユにおける主要な駅の一つ。



カンタはこう思う

またフランスでテロの可能性が高い事件が起こってしまった。

今回の事件は、爆弾を爆発させたり車で暴走するなどのような派手な手法ではないが、恐ろしいものだ。

兵士がパトロール中だったこともあり、さらなる被害は防がれたのではないかと思われる。パトロールしている兵士がいなければ、犠牲者の数は増えていたかもしれない。

2017年に入って、4月にはパリで警官が男に銃撃され、1人が死亡する事件が起こった。

また、8月には、パリ近郊で、車に乗った男が兵士の列に突っ込み、兵士6人がけがをする事件も起こっている。

「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想

参考資料:
・『フランスの駅で男が刃物で切りつけ 女性2人死亡 テロか』、NHKニュース、2017年10月2日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171002/k10011164651000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!