1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. ドイツニュース
  5. ドルトムントバス爆発事件 セルゲイ容疑者拘束 動機は株価操作|ドイツニュース

ドルトムントバス爆発事件 セルゲイ容疑者拘束 動機は株価操作|ドイツニュース

2017年4月21日、ドイツ検察は、ドイツのサッカー1部リーグのドルトムントのバスを爆弾で襲撃した犯人を警察が拘束したと発表した。

金儲けが目当てで、テロではなかったという。

ドルトムントのチームバス爆破事件

2017年4月11日(日本時間12日)、ドイツのドルトムントで、香川真司選手が所属するドルトムントの選手が乗ったバスの近くで爆発が起こった事件。

この爆破事件により、スペイン人選手のマルク・バルトラが右手首を負傷し、手術をしている。

ドルトムント 選手の乗ったバスの近くで爆発 負傷者も 香川真司選手は

犯行を主張する声明文が3通見つかっており、そのうち1通はイスラム教との繋がりを示すものであったが、当局はその手紙の信ぴょう性について疑問を持っていたという。

爆破事件の容疑者

名前はセルゲイ・W(Sergej W)で、28歳のロシア系ドイツ人。

犯行の動機

同容疑者は、ドルトムントの株価を下落させて利益を得ようとしていたという。

株のことをよく知らない人は、株価が下落してどうやって利益を得るのか疑問に思う人もいるかもしれない。

株式取引では、株価が下落しても儲けることができる方法がある。「空売り」と呼ばれる信用取引の一種だ。

この方法によって、容疑者は利益を得ようとしていたと考えられる。

なお、同様の手口で利益を得ようと試みた悪者が登場する映画に、007シリーズの『カジノ・ロワイヤル』がある。とても面白い映画だ。


カジノ・ロワイヤル

この映画では、ル・シッフルという悪者が、飛行機を爆破して飛行機の製造会社の株価を下落させることにより、空売りによる利益を得ようとたくらむ。

しかし、こんなことを本当に企んで実行する人がいるんだな。

 

参考資料:
・『ドルトバス爆発事件の容疑者拘束、犯行動機は株価の操作』、AFP、2017年4月21日、http://www.afpbb.com/articles/-/3125954?cx_part=txt_topstory


カテゴリ: ドイツニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!