1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. 北朝鮮ニュース
  5. 「日本と対話する用意がある」キム・ジョンウン委員長が発言 拉致問題解決に前進か

「日本と対話する用意がある」キム・ジョンウン委員長が発言 拉致問題解決に前進か

2018年4月29日、安倍総理大臣と韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は電話で会談した。

この会談で、ムン大統領が安倍首相に伝えたところによると、27日に行われた南北首脳会談で、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が「北もいつでも日本と対話する用意がある」と説明したという。

そして、ムン大統領は、安倍首相に対して、「喜んで日朝の間の橋渡しをする」と伝えたということだ。

拉致問題の解決に前進か

日本と北朝鮮の間には、「拉致問題」という避けては通れない問題がある。そして、この問題に対して、キム委員長の方から「日本と対話する」意思が伝えられたというのは、大きな意味を持つと見てよいだろう。

とりあえず、会談が設けられないことには、問題は解決しない。

自民党の二階幹事長も「日本としては歓迎すべきことだ。拉致問題も、会談をしなければ何も進まないではないか。会談し訪問し連絡を密にしていくのは大事なことであり、それを日本側から避けるという理屈は、成り立たない」と述べたという。

全くその通りだろう。

共同宣言「パンムンジョム宣言」は歴史的な出来事となるか

水面下である程度の交渉は進んでいたと思われるが、表向きにはここ数カ月で一気に北朝鮮問題が動いたような印象がある。

そして、それらの動きが、南北首脳会談そして共同宣言によって、一気に昇華したような形だ。

東ドイツと西ドイツが統一された際の象徴的な出来事として、「ベルリンの壁の崩壊」がある。

今回の「パンムンジョム(板門店)宣言」と呼ばれる共同宣言は、果たしてベルリンの壁の崩壊のような歴史的出来事となるのか。これからも注目である。

参考資料:
・『「日本と対話する用意ある」 南北会談でキム委員長が発言』、NHKニュース、2018年4月29日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180429/k10011422471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

カテゴリ: 北朝鮮ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!