1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. 北朝鮮ニュース
  5. 北朝鮮 2基目のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)発射台を確認 ミサイル開発加速か|北朝鮮ニュース

北朝鮮 2基目のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)発射台を確認 ミサイル開発加速か|北朝鮮ニュース

2017年5月1日、北朝鮮の動向を研究している米ジョンズ・ホプキンス大学の研究グループは、北朝鮮がSLBMの発射実験に使われる潜水式の発射台が新たに確認されたことを発表した。

衛星写真を分析

同研究グループは、4月19日に北朝鮮西部のナンポ(南浦)にある海軍の造船所を撮影した衛星写真を分析。その結果、SLBMの発射台が新たに発見されたという。

新たに確認されたSLBM発射台

この発射台は長方形で、長辺が22メートル余り、短辺は9メートルほどだという。

3年前には、1基目の発射台(北極星1号、KN-11)が東部シンポ(新浦)で確認されている。この1基目の発射台では、これまで少なくとも4回の発射実験が行われたという。

今回確認された2基目のSLBM発射台は、1基目と大きさや形が同じだと見られている。また、1基目・2基目いずれもロシア製のものと似ていて、北朝鮮がつくった形跡はないとのこと。

今後、北朝鮮がミサイルの種類を増やすなど開発を加速させる可能性があるという。

SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)とは何?

「潜水艦発射弾道ミサイル」は英語で submarine-launched ballistic missile という。英語をそのまま日本語に訳したものである。

潜水艦から発射される弾道ミサイルを指し、核弾頭を装備することも可能。

北朝鮮外務省 核実験「いつでもどこでも行う」 緊張高まる

参考資料:
・『“北朝鮮が2基目のSLBM発射台” 米研究グループが発表』、NHKニュース、2017年5月2日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170502/k10010968611000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

カテゴリ: 北朝鮮ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!