1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. 北朝鮮ニュース
  5. 国籍不明の男性8人の船が漂着 北朝鮮籍か? 「本荘マリーナ」で発見 秋田県由利本荘市

国籍不明の男性8人の船が漂着 北朝鮮籍か? 「本荘マリーナ」で発見 秋田県由利本荘市

2017年11月23日、秋田県由利本荘市で、国籍不明の男性8人が見つかった。

また、近くには、木造船が漂着していたという。

男性らは「北朝鮮から来た」と話しているという。

係留施設「本荘マリーナ」で発見

23日午後11時20分頃、秋田県由利本荘市にある船の係留施設「本荘マリーナ」に不審者がいる、という通報があった。

警察が現場に駆け付けたところ、国籍不明の男性8人が見つかったという。

また、波消しブロックの近くに全長20メートルほどの木造船が漂着しているのが見つかったようだ。

「北朝鮮から来た」

発見された男性8人は、由利本荘警察署で保護された。

8人は、いずれも朝鮮語のような言葉を話しているようだ。話した内容によると、彼らは北朝鮮から来たようだ。

「漁をしていて船が故障」

記者会見で、小此木国家公安委員長は、男らが「漁のために来たが、船が故障し漂着したと話していると聞いている」と述べた。

カンタはこう思う

発見された男性8人は北朝鮮から来たことはほぼ間違いないようだ。

ただ、本当に漁をしていて船が故障しただけなのか、詳しく調べる必要があると思う。

また、8人以外に船に乗っていた人がいないのかもちゃんと調べる必要があるだろう。

「招待所」という名の収容所―北朝鮮による拉致の真実

参考資料:
・『「北朝鮮から来た」木造船が漂着 国籍不明の男性8人』、NHKニュース、2017年11月24日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171124/k10011233701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!