1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. ポルトガルニュース
  5. 【動画(閲覧注意)】樹齢200年の大木が倒れる 祭りの観光客ら13人死亡 ポルトガル領マデイラ島 クリロナが生まれた島

【動画(閲覧注意)】樹齢200年の大木が倒れる 祭りの観光客ら13人死亡 ポルトガル領マデイラ島 クリロナが生まれた島

2017年8月15日、ポルトガル領マデイラ島で、祭りで賑わっていた広場で樹齢およそ200年の大木が倒れるという事故が起こった。

この事故で、これまでに13人死亡、50人以上が怪我を負ったという。

【大木が倒れた時の動画(人によってはショッキングな映像なので、閲覧に注意】

撮影された動画では、広場に大勢の人が集まっている最中、突然大木が倒れ、人々が悲鳴をあげる様子が収められている。

事故の詳細

現場は、北大西洋のポルトガル領マデイラ島にあるセニョーラ・ド・モンテ(Senhora do Monte)と呼ばれる場所。

当時、島で最大の祭りである Festa de Nossa Senhora do Monte が開催されており、ヨーロッパ各地から訪れた観光客など大勢の人が集まっていたようだ。

死者には外国人も

死者やけが人の中には、フランス人やドイツ人など複数の外国人も含まれているようだ。

ただ、日本人が巻き込まれたという情報は今のところないという。

倒れた木と倒れた原因

倒れた木は、広場の近くに生えていた樹齢約200年のカシの木とのこと。

木が倒れた原因は現在の所分かっていないようだ。警察などが調べているという。

クリロナの出身地・マデイラ島

マデイラ島は、北大西洋上のマカロネシアに位置するポルトガル領の島。大きさは、日本の奄美大島と同じくらいだという。

年間を通して気候が温暖で自然が豊かなリゾート地として知られており、照葉樹林の原生林は世界自然遺産に登録されている。

サッカー選手で有名なクリスティアーノ・ロナウドは、マデイラ島最大の町フンシャル出身である。

また、アメリカ航路開拓や「コロンブスの卵」で有名なクリストファー・コロンブスもマデイラ島で生まれたという説がある。



カンタはこう思う

倒れた木は、樹齢約200年ということで、倒れてもおかしくはないと思う。

ただ、よりによって祭りの最中に大勢の観光客が集まるこのタイミングで倒れてしまったのは不運だ。

かなりの大きさの木で、13人もの人々が犠牲になってしまった。他に52人もの負傷者も出ているようだ。樹齢200年の大木なのだから、10トン以上の重さはあっただろうか。

日本でも、街路樹が倒れるという出来事が最近多くなっているという。

高度成長期に多く植えられた木が寿命を迎えるということもあれば、虫などの被害にあって倒れることもあるそうだ。中には、倒木で車が押しつぶされるという事故もある。

参考資料:
・『祭り会場で大木倒れ13人死亡 ポルトガル領の島』、NHKニュース、2017年8月16日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005
Trece muertos en Madeira al caerles un árbol durante un acto religioso, EL PAÍS, 15 AGO 2017, https://elpais.com/internacional/2017/08/15/actualidad/1502804841_177371.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!