1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. スペインニュース
  5. 【バルセロナ・テロ事件】モロッコ人とスペイン人の男2人を拘束 爆発事件にも関与か ISが犯行声明

【バルセロナ・テロ事件】モロッコ人とスペイン人の男2人を拘束 爆発事件にも関与か ISが犯行声明

2017年8月17日夕方(日本時間18日午前0時頃)にスペイン・バルセロナで起こったテロ事件で、警察は事件に関わったと見られる男2人を拘束したと発表した。

テロ容疑者の2人

拘束された2人のテロ容疑者は、モロッコ人スペイン人だという。

モロッコ人は、20代のドリス・ウカビル容疑者だと報道されている。

爆発事件にも関与?

今回のテロ事件に関わったとして拘束された2人の男は、この事件より半日余り前に起こった爆発事件にも関与している疑いがあるという。

爆発事件

爆発事件は、今回のテロ事件の現場から200キロほど離れた場所で起こった。

建物が爆発し、1人が死亡したという。



車は500メートル以上暴走

今回のテロ事件で、犯行に使われた車は白いワゴン車で、観光客などで賑わうランブラス通りを約500メートル以上暴走したという。

ワゴン車は、カタルーニャ広場の近くから、ランブラス通りの歩行者専用の道路に入って、歩行者を次々にはねながら暴走したようだ。その後、売店にぶつかって停車したという。

ワゴン車は、歩行者をはねるために蛇行運転していたという目撃情報もあるようだ。

ワゴン車はレンタカー

なお、このワゴン車は、レンタカーだったようだ。

今年2017年6月にロンドン中心部のロンドン橋で起こったテロ事件でもレンタカーが使われていたため、類似点が指摘されている。

ロンドンで車暴走し歩行者をはね、通行人を刺す 近くの市場でも通行人が刺される 爆発音も

IS系メディアが犯行声明

IS系のメディアが、「攻撃を実行したのはISの戦士」と主張したようだ。

ただ、スペイン当局は今回のテロ事件とISとの関係について明らかにしていないという。

参考資料:
・『バルセロナでテロ 110人以上が死傷 男2人拘束』、NHKニュース、2017年8月18日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170818/k10011102991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003
・『ワゴン車が群集に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明』、産経ニュース、2017年8月18日、http://www.sankei.com/world/news/170818/wor1708180010-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!