1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. アメリカニュース
  5. デルタ航空 オーバーブッキングで100万円の補償金|アメリカニュース

デルタ航空 オーバーブッキングで100万円の補償金|アメリカニュース

2017年4月14日、米大手のデルタ航空がオーバーブッキング(定員超過)となった便で乗客が座席を譲った場合に支払われる補償金の上限額を約1万ドル(約110万円)に引き上げる方針を明らかにした。

補償金は、従来の上限額は1350ドルだったが、最高9950ドルに大幅に増額されることになる。

また、搭乗ゲートなどの担当者が出す権利を与えられている補償金も、800ドルから2000ドルにまで増額されるという。

現在、大手航空会社のユナイテッド航空が、男性乗客を強制的に引きずり出し怪我をさせたことが大きな社会問題となっている。

おそらく、このユナイテッド航空の乗客引きずり出し問題が今回のデルタ航空の補償金増額に関係していると思われる。

それにしても、増額の度合いが大きい。インパクトを与えて、ニュースとして取り上げられるのを狙ったのだろうか。

おそらく、補償金を段階的に上げて行って、最後まで誰も手を挙げなかった場合に、航空会社側がどうしても席を譲って欲しかったら、100万円くらいの補償金が提示されるのだろう。

ただ、100万円に到達する前に誰かは手を挙げるんじゃないだろうか。別に急いでなかったら、結構な小遣いになるしね。


航空産業入門―オープンスカイ政策からマイレージの仕組みまで

参考資料:
・『デルタ航空、座席譲る乗客に百万円 定員超過時の補償金』、CNN.co.jp、2017年4月15日、http://www.cnn.co.jp/business/35099833.html?tag=top;mainStory


カテゴリ: アメリカニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!