1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. アメリカニュース
  5. アメリカの空港で警官が刺される 容疑者はカナダ出身 テロの可能性も

アメリカの空港で警官が刺される 容疑者はカナダ出身 テロの可能性も

2017年6月21日、アメリカのミシガン州にあるビショップ国際空港で、警官1人が刃物で刺される事件があった。

容疑者は、「神は偉大なり」を意味するアラビア語を叫びながら警官を刺したという。カナダのケベック出身で、カナダのパスポートを持っていたという。

テロの可能性もあるが、現在のところテロだと断定されたわけではないという。

なお、刺された警官の容体は安定しているとのこと。

カンタはこう思う

テロ以外の可能性もある。テロだったとしても、犯行が刃物を使ったものであることから、単独犯の可能性が高い。

参考資料:
・『米ミシガン州の空港で警官刺される テロの可能性』、AFP、2017年6月22日、http://www.afpbb.com/articles/-/3132926

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!