1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. 北朝鮮 年内にICBM発射 「核放棄の意思なし」 米国家情報長官が分析

北朝鮮 年内にICBM発射 「核放棄の意思なし」 米国家情報長官が分析

2017年5月11日、アメリカのコーツ国家情報長官は、上院情報特別委員会の公聴会で、「今年中に初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施する態勢ができている」と指摘し、「金正恩はどんな対価を支払われようと、交渉によって核放棄に応じる意思はないとみられる」との見方を示した。

コーツ国家情報長官は、北朝鮮が核を放棄する可能性が低いと見ているようだ。

その理由として、北朝鮮が核兵器を「生き残りのための基盤」と繰り返し表明していることがあるという。

確かに、北朝鮮がアメリカに攻撃されないのは核を持っているからだ、と頑なに信じている金正恩氏がそうやすやすと核を手放すとは思えない。

最近、アメリカは剛と柔の態度を織り交ぜて北朝鮮の揺さぶりにかかってきているが、果たしてどこまで核兵器の放棄までせまれるか。現状は厳しいと言わざるを得ないだろう。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日

 

参考資料:
・黒瀬悦成、『北朝鮮は年内にICBM発射と分析 「金正恩氏に核放棄の意思なし」と米国家情報長官』、朝日新聞デジタル、2017年5月12日、http://www.sankei.com/world/news/170512/wor1705120018-n1.html

カテゴリ: 国際ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!