1. TOP
  2. 事件
  3. 負けて腹を立てた?ゲーム大会で銃撃事件 容疑者を除く2人死亡 容疑者は自殺 アメリカ・フロリダ州

負けて腹を立てた?ゲーム大会で銃撃事件 容疑者を除く2人死亡 容疑者は自殺 アメリカ・フロリダ州

2018年8月26日午後(日本時間27日未明)、アメリカのフロリダ州で行われていたビデオゲームの大会で、銃撃事件があった。

この銃撃事件で、容疑者を除く2人が死亡、11人がけがをしたようだ。

銃撃事件

事件があったのは、アメリカ・フロリダ州ジャクソンビルで行われていたビデオゲームの競技大会。

この銃撃事件で、容疑者を除く2人が死亡、11人がけがをしたという。

アメリカの一部のメディアによると、容疑者はゲームで負けたことに腹を立てて銃撃に及んだという。

容疑者

容疑者は、デービット・カッツ(David Katz)という24歳の白人の男で、メリーランド州ボルティモアの出身だという。

容疑者は、大会参加者の一人で、ゲームに負けたようだ。

また、そのために腹を立てて銃撃に及んだとするメディアもあるようだ。

容疑者の男は現場で自殺したという。

ビデオゲームの競技大会

ビデオゲームの大会が行われていたのは、商業施設「ランディング(Landing)」内のゲームバー「GLHF」。

米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のビデオゲーム「マッデン19(Madden 19)」の地方大会が行われていたようだ。

カンタはこう思う

アメリカの銃乱射事件は珍しいものではなくなったが、今回の事件は「ゲームに負けた」というささいな理由で銃撃に及んだとされているところがショックである。

容疑者は常に銃を帯同していているような人物だったのだろうか。アメリカに限らず、どの国や社会でも、感情のコントロールができない人間ほど、銃やナイフのような危険なものを持ち歩いている気がする。

ゲームの大会はバーで行われていたようで、もしかしたら容疑者は酒に酔っていたのかもしれない。

いずれにせよ、精神的に未熟な人間が多い中で、銃という大量殺人が可能な武器が、いつでもどこでも安価で手に入るというアメリカの銃社会は、善良な市民にとって決して望ましいものではないだろう。

大量殺人の“ダークヒーロー”――なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?

参考資料:
・『米「負けて腹立て銃撃」報道 ゲーム大会会場で 死者も』、NHKニュース、2018年8月27日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180827/k10011595281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
・『ゲーム大会の会場で銃乱射、2人死亡11人負傷 米フロリダ州』、AFP、2018年8月27日、http://www.afpbb.com/articles/-/3187317?cx_part=top_topstory&cx_position=1

カテゴリ: 事件, 国際ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!