1. TOP
  2. 事件
  3. あなた宛かも?3万7000通の郵便物を隠した契約社員を逮捕

あなた宛かも?3万7000通の郵便物を隠した契約社員を逮捕

なんと、3万7000通もの郵便物を配達せずに隠していた郵便局員がいたという驚きのニュースが報道された。

宮城県登米市の郵便局に勤める契約社員が、配達すべき郵便物を空き家に隠していたのだ。

この契約社員は、郵便法違反の疑いで逮捕された。

3万7千通もの郵便物を隠す

今回、約3万7000通もの郵便物を隠していたとして逮捕されたのは、登米市佐沼郵便局の契約社員で51歳の岩渕智彦容疑者。

岩渕容疑者は、2016年4月から2018年6月までの期間に、配達しなければならない郵便物を自分が所有する空き家に隠していたとして、郵便法違反の疑いが持たれている。

岩渕容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているようだ。

岩渕容疑者の空き家や車からは、約3万7000通もの郵便物が見つかっているらしく、その中にはなんと10年程前の消印の郵便物もあったという!

発覚の経緯

2018年6月、岩渕容疑者の自宅に止めてあった車の中に大量の郵便物があるのを別の郵便局員が発見し、警察に通報したことにより、今回の事件が発覚したようだ。

佐沼郵便局

岩渕容疑者が勤める佐沼郵便局は、登米市立登米市民病院の近くにある。

カンタはこう思う

日本では、「郵便物は必ず届く」という認識がある。

実際、日本の郵便は、海外と比較するとかなり安心感があるし、優秀であると思う。

ただ、近年、日本でもこういう事件が起こるようになってきた。残念である。

郵便に関しては、過去、「郵便物を届けるのが面倒になった」といった理由で郵便物が破棄されていた事件もあったと記憶している。今回も、こういう類だろうか。

30000人のリーダーが意識改革! 「日本郵便」流チーム・マネジメント講座

参考資料:
・『郵便物隠した疑い 契約社員を逮捕 空き家などから3万7000通』、NHKニュース、2018年8月30日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180830/k10011600011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

カテゴリ: 事件, 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!