1. TOP
  2. 事件
  3. 目隠しされ手足が縛られた状態の遺体を発見 殺人事件として捜査 愛知県岡崎市

目隠しされ手足が縛られた状態の遺体を発見 殺人事件として捜査 愛知県岡崎市

2018年8月31日、愛知県岡崎市の住宅で、男性の遺体が見つかった。

男性の遺体は、目隠しをされ手足を縛られた上、血を流している状態で発見されたという。

また、首や腹部が切られていたという。

警察は、殺人事件とみて捜査している。

事件の詳細

31日正午過ぎ、岡崎市橋目町の53歳の会社員、生田好男さんの住宅で、男性が1階の居間で血を流して死亡しているのが発見された。

その日、生田さんの会社の上司から「生田さんが出勤していない」との通報があり、警察が駆け付けたところ、男性の遺体が発見されたという。

男性の遺体は、目隠しされ、手足を縛られており、首や腹部が切られていたという。

男性が発見されたとき、住宅の玄関の鍵はかかっていたようだ。

現在、生田さんと45歳の妻の行方が不明だという。

事件の現場

遺体が発見されたのは、愛知県岡崎市橋目町の住宅。

カンタはこう思う

遺体は、どうやら生田さんである可能性が高いようだ。

そして、生田さんの妻の行方が分かっていないという。

妻が事件に関与もしくは巻き込まれている可能性があるので、早く発見されると良いが…。

それにしても、遺体は、目隠しされ手足を縛られた状態で、首や腹部を切られているということで、被害者は拷問されていた可能性が高い。死因は失血だろうか。

なんとも恐ろしい事件である。

参考資料:
・『目隠しされ手足縛られ…住宅に首や腹切られて死亡した男性 殺人事件とみて捜査 愛知』、東海テレビ、2018年8月31日、http://tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=61668&date=20180831

カテゴリ: 事件, 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!