1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 61人が蜂に刺される 自転車レース「マウンテンサイクリングin乗鞍」 長野県松本市

61人が蜂に刺される 自転車レース「マウンテンサイクリングin乗鞍」 長野県松本市

2018年8月26日、長野県松本市で行われた自転車レースで、大会の参加者など61人が蜂に刺された。

いずれも症状は軽く、レースは続行されたようだ。

61人が相次いで被害に

26日午前8時前に悲劇は起こった。

長野県松本市の乗鞍高原(のりくらこうげん)で開催された自転車レース「マウンテンサイクリングin乗鞍」の関係者61人が、次々と蜂に刺されたのだ。

幸い、いずれも症状は軽かったため、救急隊員らが手当てしたあと、大半はそのままレースを続行したようだ。

ガードレールにハチの巣が

その後、蜂の巣が発見されたが、なんとスタートから約4キロ離れた場所にあるガードレールの支柱に穴が開いていて、その支柱の中に蜂の巣があったという。

蜂の巣は、キイロスズメバチのものと見られている。

カンタはこう思う

まさか、競技者もハチに襲われるとは予想していなかっただろう。気の毒である。

しかも、蜂の巣はスタートから離れたガードレールの支柱の中にあったということで、予期できるものでもなかった。

蜂からすると、大勢の人間が自転車で巣の方に向かってきたので、巣を襲いに来たと勘違いしたのだろうか。

蜂に刺された人は、いずれも症状は軽かったようだが、蜂に刺された場合、心配なのはアナフィラキシーショックだ。

最初に刺された際の症状が軽くても、2回目以降に刺された場合に強いアレルギー反応が起こり、最悪の場合死に至ることもある。

夏から秋にかけて、スズメバチの活動は活発になる。山へ行く際には注意したい。

スズメバチにも効く ハチ・アブ用ハンターZ PRO 蜂駆除スプレー 510ml 10m噴射

参考資料:
・『自転車レースで61人 蜂に刺される 長野』、NHKニュース、2018年8月26日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180826/k10011594791000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

カテゴリ: 国内ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!