1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 自動車保険の保険料が安くなる?「参考純率」引き下げ 損害保険料率算出機構

自動車保険の保険料が安くなる?「参考純率」引き下げ 損害保険料率算出機構

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が、「参考純率」を平均8%引き下げることを決めたという。

参考純率の引き下げは、2003年以来14年ぶりだという。事故が減少したことが背景にあるという。

「参考純率」とは、任意加入の自動車保険の保険料の目安となるものだ。平たく言えば、保険会社の儲け以外の部分である「純保険料率」を決定する際に参考となるものである。保険会社の儲けもしくは利益となる部分は「付加保険料率」という。

損害保険料率算出機構の会員は、参考純率を基に純保険料率を算出し、これに付加保険料率を加えて損害保険の保険料率を決定する。

そのため、参考純率が下がったからといって、保険料が安くなるとは限らないが、値下げ圧力にはなるだろう。なお、色々な整備が必要なため、実際に保険料が下がるのは2018年以降だという。

自分にとって最適な自動車保険もしくは保険料がどの程度なのかは、実際に調べてみないと分からない。

現在は、ネットで自分に合った商品を調べることができるので、便利だ。5万円も安くなることもあるという。

自動車保険が5万円も安くなる?自動車保険の見積もりにはネット系がおすすめ

 

参考資料:
・『車の任意保険、14年ぶりに数千円値下げへ』、産経ニュース、2017年5月12日、http://www.sankei.com/economy/news/170512/ecn1705120019-n1.html

カテゴリ: 国内ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!