1. TOP
  2. 事件
  3. 便座に座った状態のミイラ化した男性の遺体を発見 妻を逮捕 愛知県岡崎市

便座に座った状態のミイラ化した男性の遺体を発見 妻を逮捕 愛知県岡崎市

2018年8月23日、愛知県岡崎市のマンションの一室で、男性の遺体が見つかった。

遺体はミイラ化しており、トイレに座った状態で見つかったという。

警察は、この部屋に住む68歳の女を死体遺棄の疑いで逮捕した。

ミイラ化した遺体

23日午前11時過ぎ、岡崎市のマンションの大家から「部屋から異臭がし住人と連絡がとれない」との通報があった。

警察が部屋を調べたところ、トイレに男性の遺体が見つかった。

遺体は、ミイラ化していて、トイレの便座に座り、壁にもたれかかった状態だったという。

死後4カ月から8カ月ほど経っていたとみられている。

妻を逮捕

警察は、この部屋に住む68歳無職の石橋直恵容疑者を岡崎市内で発見し、死体遺棄の疑いで逮捕した。

石橋容疑者は、夫で75歳の誠一さんと二人暮らしで、容疑を認めた上で、遺体が夫であることをほのめかしているそうだ。

現場

現場のマンションは、岡崎市岩津町にある。

カンタはこう思う

見つかった遺体は、おそらく容疑者の夫の石橋誠一さんであることはほぼ間違いなさそうだ。

仲が良かった夫婦だが夫の体調が悪くなって生活が変わった、という近所の住人の話もあるようだ。

夫の体調が悪くなったことがきっかけで、夫婦間の関係も変わってしまったのだろうか。そうだとすれば、悲しい話だが…。

ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック

参考資料:
・『便座に座ったままのミイラ化した遺体が見つかる 愛知・岡崎市』、CBCニュース、2018年8月24日、https://hicbc.com/news/detail.asp?id=00047C8B

カテゴリ: 事件, 国内ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!