1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 愛知ニュース
  5. 春日井市ローカルニュース
  6. 愛知県春日井市にも「ヒアリ」 中国から運搬されたコンテナに付着

愛知県春日井市にも「ヒアリ」 中国から運搬されたコンテナに付着

2017年7月10日、中国から名古屋港経由で愛知県春日井市の倉庫に運ばれたコンテナ内の荷物から毒アリ「ヒアリ」1匹が発見されたことが分かった。

コンテナの運搬経路とヒアリ発見の経緯

今回ヒアリが見つかったコンテナは、中国の南沙港から香港経由で、6月30日に愛知県飛島村にある名古屋港の飛島ふ頭に到着した。

その後、積み荷は7月6日に春日井市内に搬送された。そして、荷物を倉庫に搬入した際に、アリが1匹付着しているのを荷主が発見したという。

カンタはこう思う

先月6月18日に神戸港でヒアリが見つかってから、日本の各地でヒアリの目撃情報が相次いでいる。

この現状を鑑みると、神戸港で見つかったヒアリが日本上陸第1号と考えるのは難しい。

むしろ、これまでは見過ごされてきたのが、神戸港のニュースが契機で見つかるようになってきたと考える方が自然のような気がする。

未だ住宅街などで発見されたり、被害に遭ったというニュースは今のところないので、事態はまだ深刻ではないようだが、ヒアリは日本にこのまま住み着いてしまうのだろうか。

参考資料:
・『愛知・春日井でもヒアリ…コンテナの荷物に付着』、YOMIURI ONLINE、2017年7月10日、http://www.yomiuri.co.jp/national/20170710-OYT1T50083.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!