1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 愛知ニュース
  5. 名古屋市ローカルニュース
  6. カセットボンベが爆発 4人が軽傷 名古屋市熱田区「味覚苑」 神宮司前駅の近く

カセットボンベが爆発 4人が軽傷 名古屋市熱田区「味覚苑」 神宮司前駅の近く

2017年8月7日午後0時半頃、名古屋市熱田区にある焼き肉店で、カセットボンベが爆発し、店内にいた従業員や客らが軽傷を負う事件が起こった。

この事故で、61歳と31歳の女性従業員と45歳の男性客がやけどなどを負った。また、別の31歳の男性客も手に切り傷を負ったようだ。

事故があったのは、名古屋市熱田区三本松町にある焼き肉店「味覚苑」。名鉄名古屋本線の神宮司前駅から東へ約200メートルの場所にある。「山手グリーンロード」沿いにある店だ。

女性従業員がガスこんろで調理していたところ、使用していないカセットコンロのボンベが爆発したという。何らかの理由で、熱が加えられたと見られている。



カンタはこう思う

よく夜店などの屋台でカセットボンベが爆発するという事故が起こるのを聞く。慣れない場所であったり、空間が狭いために、起こりやすいのだと思うが、店内でカセットコンロのボンベが暴発するというのはあまり聞かない。

今回爆発したボンベは、調理には使っていないボンベだったという。周辺にボンベの温度を上げるようなものがあったのだろうか。

焼き肉店は、その名の通り、火を多く使うので、カセットボンベなどの取り扱いには慎重であるべきなのだが。

4人がやけどなどの被害を受けたようだが、いずれも軽傷のようで良かった。

参考資料:
・『カセットボンベ爆発、4人軽傷 名古屋の焼き肉店』、産経WEST、2017年8月7日、http://www.sankei.com/west/news/170807/wst1708070062-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!