1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 千葉ニュース
  5. 船橋市ローカルニュース
  6. 学童施設「法典西放課後ルーム」のトイレに盗撮カメラ 船橋市職員を逮捕

学童施設「法典西放課後ルーム」のトイレに盗撮カメラ 船橋市職員を逮捕

2017年5月9日、船橋署は、勤務する学童保育施設「法典西放課後ルーム」のトイレに侵入したとして、建造物侵入の疑いで船橋市職員を逮捕した。

「法典西放課後ルーム」は、上山町の市立法典西小学校の敷地内にある施設。

容疑者は「盗撮するカメラを仕掛けるために入った」と容疑を認めている。

それにしても、盗撮カメラを設置していたのに、建造物侵入でしか逮捕できないのだろうか。軽犯罪や迷惑禁止条例くらいは問えると思うが。

船橋市では2016年にも同様の事件

船橋市は、2016年にも女子生徒のスカート内をスマートフォンで動画撮影したとして、職員が逮捕されている。

この職員は、船橋市子ども政策課課長補佐の高橋義和容疑者。当時50歳の男だ。

カンタはこう思う

部署は異なるが、今回の容疑者も以前の高橋容疑者も、共に子供の教育に携わる職務に就いている。

一部の人間の不祥事で、船橋市の職員全体の資質が問われる事態となっている。真面目に勤務している人間(特に男性)にとっては気の毒な話だ。

ただ、こういう問題は再発を防止しようと思っても、なかなか難しい。たとえ軽微であっても性犯罪の前科がある人は採用しない、という基準は、最低限あるとは思うけれど。

 

参考資料:
・『学童トイレにカメラ 船橋市職員を逮捕 盗撮目的侵入の疑い』、千葉日報、2017年5月10日、https://www.chibanippo.co.jp/news/national/406897

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!