1. TOP
  2. 事件
  3. いじめ・虐待
  4. 砂津保育園の75歳の園長を逮捕 2歳児に対する傷害容疑 福岡県北九州市小倉北区

砂津保育園の75歳の園長を逮捕 2歳児に対する傷害容疑 福岡県北九州市小倉北区

2017年6月20日、福岡県北九州市小倉北区、砂津保育園の園長で75歳の佐藤良子容疑者が傷害の疑いで逮捕された。

佐藤容疑者は、5月5日、保育園の休憩室で、保育園に通う2歳の男児の頬を平手打ちにするなどの暴行を繰り返した上、腕を噛んで打撲など約2週間のケガを負わせたという。

佐藤容疑者は、「かんでも、たたいてもいません」と容疑を否認しているという。

北九州市が、4月中旬に「児童虐待をうかがわせる情報提供が多数ある」と警察に相談していたという。

カンタはこう思う

もし本当であればとんでもないことだが、容疑者は否認しているということで、さらに調査が必要だろう。

それにしても、「腕をかんで打撲など約2週間のケガを負わせる」とは、一体どういう状況だったのだろうか。にわかに理解しがたい。この怪我についても調べるべきだろう。

園長が絡んでいようが絡んでいまいが保育園として管理上の問題があったことは間違いないだろうし、もし園長自らが虐待に関与していたとなれば、大きな問題だ。

保育園を呼ぶ声が聞こえる

参考資料:
・『2歳児暴行繰り返し傷害容疑、75歳保育園長を逮捕 北九州』、産経WEST、2017年6月20日、http://www.sankei.com/west/news/170620/wst1706200035-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!