1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 福岡ニュース
  5. 北九州市ローカルニュース
  6. 歯科医師・鍼灸整骨院経営者の兄弟ら3人 覚醒剤共同所持容疑で逮捕 北九州市小倉南区

歯科医師・鍼灸整骨院経営者の兄弟ら3人 覚醒剤共同所持容疑で逮捕 北九州市小倉南区

2017年6月21日、福岡県警は、歯科医師ら3人を覚醒剤取締法違反(共同所持)容疑で現行犯逮捕したことを発表した。

逮捕されたのは、歯科医師で42歳の中島享彦容疑者、鍼灸整骨院を経営している37歳の中島朋彦容疑者、歯科衛生士で34歳の松崎聡美容疑者。

中島享彦容疑者と中島朋彦容疑者は実の兄弟だという。

北九州市小倉南区にある松崎聡美容疑者の自宅アパートで、覚せい剤0.345グラムを所持していた疑いがあり、3人は容疑を認めているようだ。

カンタはこう思う

医者が覚醒剤所持で捕まる事件は結構多い。

つい先日の6月初旬には、大阪でも開業医が覚醒剤所持で逮捕されている。

覚せい剤所持の疑いで大阪「かぎやクリニック」の医師を逮捕

医師が覚醒剤に手を染める理由としては、薬について知識がある他、薬と接する機会が多く薬物を比較的入手しやすいという立場にあるということがまず思い浮かぶ。

また、ストレスなどが多い職業であるということも考えられるし、薬物を手に入れるだけの経済的余裕があるからだとも推察される。

こう考えてみると、医者と違法薬物の使用との親和性はかなり高いね。

覚醒剤と妄想 ASKAの見た悪夢

参考資料:
・『歯科医ら3人、覚醒剤共同所持容疑で逮捕 福岡』、朝日新聞デジタル、2017年6月21日、http://www.asahi.com/articles/ASK6P3HN7K6PTIPE009.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!