1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 広島ニュース
  5. 島根県に「重大な危機が差し迫った異常事態」 気象庁が最大限の警戒を呼び掛ける 特別警報が島根県に発表 広島県へ拡大のおそれ

島根県に「重大な危機が差し迫った異常事態」 気象庁が最大限の警戒を呼び掛ける 特別警報が島根県に発表 広島県へ拡大のおそれ

2017年7月5日朝、気象庁は島根県に大雨の特別警報を発表した。

気象庁の記者会見

気象庁の梶原靖司予報課長は、島根県の大雨を「これまでに経験したことのないような大雨」と表現。そのため、「重大な危機が差し迫った異常状態」にあると説明した。

また、「土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生してもおかしくない」と述べた。

そして、「直ちに地元自治体が発表している避難情報に従うなど適切な行動をとり、危険な場所には近づかないでほしい。すでに外に出ることが危険な場合には、住宅の2階やがけから離れた部屋に退避するなど、身を守るため最善を尽くしてほしい。すでに避難を完了していても油断しないでほしい」と最大限の警戒を呼び掛けた。

島根県に線状降水帯が発生

「線状降水帯(せんじょうこうすいたい)」とは、文字通り線状に伸びる降水帯で、発達した積乱雲が帯状に連なったできる。集中豪雨などの影響が出ることもある。

島根県では、先日、北陸などで記録的な大雨を降らせた前線が中国地方に停滞おり、高気圧の縁にある非常に湿った空気が島根県西部に流れ込んでいるようだ。

カンタはこう思う

先日北陸に被害をもたらした前線が島根県周辺に停滞しているということで、注意が必要。気象庁は、最大限の警戒を呼び掛けている。

参考資料:
・『気象庁「重大な危機 身守るための行動を」』、NHKニュース、2017年7月5日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170705/k10011043241000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!