1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 兵庫ニュース
  5. 尼崎市ローカルニュース
  6. 尼崎「サンホテル尼崎」で異臭騒ぎ 5人病院に搬送 男性がガス自殺を図るも苦しくなって助けを求める

尼崎「サンホテル尼崎」で異臭騒ぎ 5人病院に搬送 男性がガス自殺を図るも苦しくなって助けを求める

2017年8月3日午後10時10分頃、尼崎にあるビジネスホテルで異臭騒ぎがあり、5人が病院へ搬送された。いずれも軽症とのこと。

異臭騒ぎがあったのは、兵庫県尼崎市宮内町にある「サンホテル尼崎 阪神出屋敷駅前」。阪神電鉄の出屋敷駅前にあるビジネスホテルだ。

事件の経緯

どうやら、9階に宿泊していた27歳の男性が、風呂場でトイレ用洗剤などを混ぜて有毒ガスを発生させて自殺を図ったようだ。

しかし、苦しくなった男性は、1階フロントの従業員に助けを求めたという。

当時、ホテルには72人が宿泊していたようだ。

カンタはこう思う

ホテル側としては、迷惑な客だろうが、自殺者が出なかったのは良かったのではないか。

有毒ガスが発生したために、5人が病院へ搬送される騒ぎとなったが、5人のうち1人は自殺未遂者で、他の4人はおそらく無関係の宿泊客だと思われる。

無関係だと思われる4人はとんだとばっちりを受けたわけだが、下手をすれば無理心中となっていた可能性もある。そう考えるとゾッとする事件だ。

参考資料:
・『尼崎のホテルで有毒ガス発生、男性が自殺騒ぎ…苦しくなりSOS 宿泊客5人を搬送』、産経WEST、2017年8月5日、http://www.sankei.com/west/news/170805/wst1708050030-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!