1. TOP
  2. 生き物・動物
  3. 多頭飼育崩壊 神戸市では市営住宅にネコ53匹放置の例も 

多頭飼育崩壊 神戸市では市営住宅にネコ53匹放置の例も 

最近耳にする言葉に「多頭飼育崩壊」というものがある。

多頭飼育崩壊とは、動物をペットとして飼育していた飼い主が、無責任に管理したことにより、ペットが繁殖し過ぎて手に負えなくなり、放置するような状態になることを指す。

この問題は、日本だけで起こるものではない。英語では Animal Hoardingアニマルホーディング)と呼ばれ、一種の精神疾患が原因であることもあるようだ。



神戸市灘区の例:53匹の猫を放置

2017年4月、神戸市東灘区に住む40代の女性が、市営住宅を強制退去処分となった。

その原因となったのは、異臭などの迷惑行為であった。

この女性の部屋には、ネコ53匹が放置されていたという。

60平方メートルの部屋でペットの飼育は禁止

女性が借りていた市営住宅の部屋は、3DKの約60平方メートルの部屋で、ペットの飼育は禁止されていたという。

ところが、2015年秋ごろには猫の糞尿に対する苦情が出ていたようだ。

市の指導も無視

女性は、神戸市から改善指導を受け、「片づける」と繰り返したいたようだが、状況は変わらなかった。

神戸市は、神戸地裁に提訴の上、2017年4月に強制執行に踏み切った。

部屋は崩壊状態

強制執行の担当者が女性が借りていた部屋を確認したところ、部屋には53匹の猫がおり、部屋は荒れ果てた状態だったという。

木の柱は傷だらけ、畳は腐食、そして床には穴が開いていたという。

また、複数の猫の死骸も見つかったようだ。

かなり悪質な管理であったことが伺える。

神戸市によると、女性の退去や消毒、修繕などに約1千万円かかる見通しだという。そして、同市は、悪質性が高いとして、女性にその費用の一部を請求することも検討しているようだ。

一部どころか、その大半を請求すべきだと思うが、女性に支払い能力があるかどうかは別問題なので、難しいところだ。

猫は放置状態か

そして、女性は増え過ぎた猫の管理に手が回らなくなり、自身の子供3人と一緒に別宅で生活していたという。

子供を3人育てる身でありながら、ネコの多頭飼育をしていたというから、驚きである。

その間、餌や水を与えに来ることはあったようだが、数匹の死骸を放置していたことからも推察されるように、かなり杜撰な飼育をしていたようだ。



多頭飼育崩壊の原因は主に2つ

多頭飼育崩壊の原因は、大きく分けて2つであるようだ。

1つは、経済的理由

動物取扱業者やブリーダーなどが、販売目的で動物を大量に飼育し繁殖させてものの、売れなくなったために放置されるというもの。

日本は、この点について先進国では取り組みに遅れていると感じる。

もう1つが、過度の動物好き

動物が好きでも、自分が飼育・管理できる範囲で飼う分には問題はないが、その限度を超えてしまう状態で、結局放置に至るというもの。

一言でいえば「自分勝手でだらしない」ということだが、周囲にかなり迷惑を与える上、動物愛護の観点からも望ましくなく、社会的な問題が大きい。

精神疾患という面で考えると、ごみ屋敷問題と通じるものがあると思われる。ゴミ屋敷問題には「溜め込み症」と呼ばれる精神疾患が問題となる場合が多い。そして、ネコ屋敷もゴミ屋敷と同等に扱われる。

「溜め込み症」と「ゴミ屋敷」の関係

精神疾患が原因であることから、法律を厳しくすれば防げるといった類の問題ではないと思われる。それは、性的犯行や万引きなどと同様である。

人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクション

参考資料:
・『ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去』、神戸新聞NEXT、2017年10月30日、https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201710/0010688658.shtml

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!