1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 兵庫ニュース
  5. 神戸市ローカルニュース
  6. 神戸市の高齢女性が約1億4千万円の詐欺被害 兵庫県内で過去最高額

神戸市の高齢女性が約1億4千万円の詐欺被害 兵庫県内で過去最高額

2017年8月28日、兵庫県神戸市に住む84歳の無職の女性が、現金約1億4千万円を騙し取られる被害に遭っていたことが分かった。

同被害額は、兵庫県内の特殊詐欺事件では過去最高額だという。

詐欺の詳細

被害にあったのは、兵庫県神戸市灘区に住む84歳の女性。

2016年4月頃、被害者女性宅に男から電話があり、女性は「名義を貸してほしい」と頼まれたらしい。

女性が了承すると、今度は生活相談センターや会社員を名乗る男から「名義貸しは犯罪」、「金を払えば何とかする」といった内容の電話がかかってきたという。

そして、女性は2016年6月までの間に、計6回にわたって、計1億3807万円を指定された住所に宅配便で送ったようだ。

女性は預金のほぼ全額を騙し取られる

女性は、複数の口座に分けて預けていた預金のほぼ全額を騙し取られたという。

2017年2月に相手と連絡が取れなくなったことから、女性は警察に相談し、被害が発覚したようだ。



カンタはこう思う

被害に遭った女性は、預金のほぼ全額を騙し取られただけでなく、その後騙されたことを知って精神的なダメージを受けるわけだから、気の毒だ。

こういった特殊詐欺の被害に遭うのはほとんどが高齢者という印象が強い。

高齢者がお金をたくさん持っていることや、判断力が鈍くなっていることなどが原因だと思われる。また、他に相談する人がいない孤独な人も被害に遭いやすいようだ。

そして、このようにして騙し取られた金が、反社会勢力の資金源になるわけだから、やるせない。

職業”振り込め詐欺”

参考資料:
・『神戸の高齢女性が1億4千万円詐欺被害 トラブル解決名目で』、産経WEST、2017年8月29日、http://www.sankei.com/west/news/170829/wst1708290009-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!